多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 人間、このおもしろき生き物

人間、このおもしろき生き物

2013.08.04

高梁 今、田中束氏の伝記を書いている。「伝記」とは言っても、田中氏は今も健在。『Japanist』第18号で紹介したが、86歳で現役バリバリだ。

 戦前生まれの田中氏は典型的な軍国少年だった。大学入学の春に学徒勤労動員され、そのまま終戦。戦後の極貧時代を経て、高度経済成長からバブルを経て、現在に至るまで第一線で活躍している。世界初の無公害接着剤を開発し、その後、その接着剤を使った高梁(コーリャン)ボードを開発した。

 「この30年、寝ても覚めても高梁のことが頭から離れない」と語る。詳細は省くが、要するに高梁の可能性に魅せられたのだ。ある意味、取り憑かれているといってもいい。そのきっかけとなったのは、司馬遼太郎の対談集に出てきた「高梁の茎は竹のように硬い」という言葉。その言葉にひらめき、ただ廃棄されるだけの高梁の茎を有効活用できるのではないかと思ったことが事の発端だそうだ。

 

 人間というのはおもしろい生き物だ。生涯、雪の結晶だけを研究する人もいれば、アブラムシだけを研究する人もいる。リンゴだけをつくっている人もいれば、数字のやりとりだけをしているデイトレーダーもいる。走りが専門の人もいれば、泳ぎが専門の人もいる。分刻みで動いている人もいれば、路上でネコのように生きている人もいる。

 で、田中氏は高梁のことばかり考えている。

 

 高梁とはどんな植物なのか、その実態がわからないといけないと思い、長野県塩尻市の畜産試験場を訪れた。休日にもかかわらず、飼料環境部の後藤氏は丁重に応対してくれた。高梁の試験栽培をしている畑にも連れて行ってくれた。

 高梁は、コーリャンとも高キビともソルガムとも呼ばれる。一年草の穀物のひとつだが、厳密にいえば、種を撒いて4ヶ月で生育する。すごい生命力なのだ。中国北東部が主な産地というくらいだから、肥沃な土地でなくてもオッケー。背丈が2メートル以上もあるので、日露戦争時、日本陸軍は高梁の畑に隠れて進軍したこともあったらしい。

 

 それにしても、戦前生まれの日本人のなんというたくましさよ! 田中氏に会うたび、感嘆させられる。とにかく、「たくましい」の一言に尽きる。

 そういう人がいる一方、こんなに豊かな社会なのに自ら命を絶つ人が毎年3万人を下らない。豊かさを得ることによって、生きることを拒否する人が多数現れるということの矛盾を思わないわけにはいかない。

(130804 第443回 写真は、長野県塩尻市の高梁畑)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく陰陽相和す中庸を求める

■本は永遠の師匠

バルザック、ユゴー、デュマなど19世紀フランス文学からヘミングウェイ等の20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

バッハ、モーツァルト、ベートーヴェンの御三家からワーグナーまでのドイツ音楽、フランク、ラヴェル、フォーレなど近代フランス室内楽、バルトーク以降の現代音楽まで、あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■映画は総合芸術だ

『ゴッド・ファーザー3部作』などのマフィアもの、『ニュー・シネマ・パラダイス』、黒澤明のほぼ全作品、007シリーズ、パトリス・ルコント監督作品など、こちらも雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■歴史上の尚友

尊敬する偉人の双璧は、大久保利通と徳川家康。他に幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介。理想主義者、ロマンチストより結果を出したリアリストを評価する

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■隠れ目標

死ぬまで同じライフスタイル

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■追記

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす。かなりの猫好き(愛猫・海=2019年没)、2019年9月、「じぶん創造大学」を設立し、自ら入学(生徒数1名)

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ