多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 生まれる前の自分の意思

ADVERTISING

ココロバエ
美し人

生まれる前の自分の意思

2013.07.12

映画「生まれる」 『Japanist』でご紹介した小児科医の真弓定夫氏の講演会と映画『うまれる』の上映会が吉祥寺の武蔵野公会堂であった。

 まず、映画『うまれる』の上映。正直、こういうタイプの感動ドキュメンタリーは苦手だった。「さあ、どうぞ泣いてください」と言わんばかりの作り方は、作為的に思えたのだ。

 でも、この『うまれる』は淡々と事実を積み上げる構成で、それがなかなか良かった。あらためて、自分がこの世に生まれてきたことの不思議を思った。

 冒頭のシーンで、3歳児の約20〜30%が母親の胎内にいた時の記憶があると伝えていた。胎内記憶というやつだ。生まれた瞬間のことを明瞭に語る子どももいた。

 あながち作り話ではないようだ。そういえば、私の娘も幼い頃、「ママのおなかのなかでゾウさんのおもちゃと遊んでいた!」と言っていた。へその緒をゾウさんの鼻と勘違いしたのだろうか。まあ、あの娘ならありえるだろうな。

 胎内記憶も驚きだったが、さらに驚いたのは、受胎する前の記憶がある子どももいるということだ。そういう子は皆、そろって雲の上から下界を見下ろしていたという。なかには、あの夫婦はなかなか子どもができなくて哀しんでいるから自分が行ってあげようと思った子どももいたという。

 ほんとうなのかなあという気持ちもあるが、子どもが揃いも揃ってウソをつく必要があるのだろうか。欲にまみれた大人たちが揃いも揃ってウソをつくケースはゴマンとあるが……。

 ところで、この『うまれる』という映画は、DVDなどソフトパッケージ化をせずに各地での自主上映会で広げていこうという取り組みらしい。なぜなら、ライブ空間での上映会だからこそ生まれる、人と人のつながりを大切にしたいのだと。たしかにそうだろう。家で一人で見ても、ちょっと映画のニュアンスが変わってしまうかもしれない。事実、映画が終わった後、8人で近くの居酒屋へ行ったのだが、「いいものを観た」という共通の体験は、その場を和ませる効果があったようだ。

 

真弓氏講演 映画の後の真弓定夫氏の講演会は、あらためて高い見識と独特の人生観、哲学に感心することしきりだった。82歳の今も、従来と変わらず学び続け、酒を呑み続け、精力的に活動している。13年後までスケジュールが入っているとおっしゃっていた。

 やはり学び続けている人は柔軟だ。ときどき、自分に満足し、学ぶことを放棄している人を見受けるが、そういう人はおしなべて視野が狭くなり、頑迷固陋になっていくようだ。

 そういう人を反面教師にしようと思っている。なぜなら、私ももともとこだわるタイプなので、そういう風になる可能性がある。それを回避するには、一にも二にも、学び続けることだろう。

 いろいろと自戒の念を強くしている。

 (130712 第438回 写真は、ポスターのイメージ部と真弓定夫医師の講演会風景)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ