多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 美しいものと美しくないもの

美しいものと美しくないもの

2013.06.22

金閣寺 日本人はじつに不思議な民族だ。美しいものが好きなのに、同時にくだらないものも好きだ。桜をはじめ季節の花々を愛で、会席料理や日本庭園など極度に洗練されたものがあるかと思えば、ひどく醜い野点看板があちこちに立てられている。バラエティ番組にいたっては、醜悪さの極致だろう。

 そういう二面性を如実に表しているのが、京都の金閣寺だ。

 金閣寺と銀閣寺、どちらが好きかと問われれば、躊躇なく銀閣寺と答えるが、金閣寺もたしかに美しい。特に、鏡湖池から見た金閣寺の光景はこの世のものとは思えないほど。

 しかし、しかしである。順路にしたがって敷地内を歩くと、思わぬ光景に出くわす。それが下の写真。なんと、「キティ金閣寺」「ワンピース金閣寺」「ディズニー金閣寺」などと書かれた看板があり、その向こうに売店がある。「京都限定品 ディズニー金閣寺」っていったい何?

 さらに歩いて行くと、ハデな黄色に塗られたおみくじの自動販売機がある。

キティ金閣寺 ここまでくると、もはや笑うしかない。金閣寺って世界遺産だったよな……と思うものの、その時点で思考力は皆無。ほんとにひどいもんである。これが自国の貴重な歴史的遺産に対するわが国の扱いかと思うと、情けなくなる。

 商売も結構。雇用も生むしね。

 しかし、しかしである。もう少し、上品にできないものか。

 金閣寺の例に見るように、わが日本人同朋は、いったいどういう感性を身につけているのか、ときどきわからなくなる。冒頭でも書いたが、ほとんどのテレビ番組(特に地上波の民放)は、低俗だ。作る方も作る方、見る方も見る方。ニワトリと卵のように、どちらが先かわからないが、わかることは国民の多くがあのおみくじ低俗さを受け容れているということ。大手出版社が発行している週刊誌もそうだが、かなりの需要があるから継続して出版されているということなのだろう。

 なぜ、需要があるのか。

 う〜、やっぱりわからない。

(130622 第433回 写真は、美しい金閣寺と美しくない付属物)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ