多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 美しく、柔らかい光

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

美しく、柔らかい光

2013.06.26

ル・クリント 引っ越しするにあたり、リビングの照明はとことんこだわろうと思っていた。なにしろ、私はピカピカの蛍光灯が好きではない。あれは意識を覚醒させる光だ。仕事をするときはいいとしても、くつろぐ場にはまったく不似合いである。

 柔らかい光のなかで過ごす夕方以降の時間が好きだ。一日を振り返りながらチビリチビリとやる、あの時間をなんて表現すればいいのだろう。〝ありのままのじぶん〟が顕在化する時間でもある。

 そんなわけで、そういう時間にふさわしい照明を探し、あちこちショップを巡ったりネットで調べたりした。しかし、なかなかピンとくるものがない。

 柔らかい光といえば、イサムノグチに代表される、鉄製の骨組みと和紙の組み合わせを彷彿とするが、どちらかといえば私の感性に合わない。私はもっとシャープで、しかもモダンで柔らかいものが好きなのだ。

 いよいよ時間切れ、適当なもので妥協せざるをえないとあきらめかけた矢先、ドンピシャのものが見つかった。それが右上の写真。

 デンマークのLE KLINTというブランド。まず、流れるような曲面が適度な間隔をあけつつ、重なっている造形に驚いた。内側の電球の光がそれぞれの曲面に濾過され、濃淡のある光がもれてくる。その光を浴びつつ、さまざまに思考を巡らす時間はまさしく至福そのものである。蛍光灯では絶対に味わえない。

 ところで、今いろいろなモノを捨てている。毎日、何かを捨てようと思い、ひたすら実行している。置き物、生活雑貨、おみやげ(ゴメン)、衣類、本、CD、各種書類……。身の周りからモノがどんどん消えていくのはなんと爽快なことか。その代わり、ほんとうに好きなモノを身の周りに置こうと思っている。

 でも、ひとつ大きな弱点がある。なかなか本を捨てられないことだ。この本は生涯、絶対に読むことはない! とわかっている本であっても、愛着があって捨てられない。なんとなくカラダの一部をひきちぎるようで、いたたまれないのだ。それでも心を鬼にして、月に5冊程度の本を捨てている。ということで、本だけは増える一方。置き場に困っている。

 もうひとつ増えているものといえば、人とのつきあいだろう。雑誌の編集をしていれば、当然のごとくそういう結果になる。しかも私はポジティブな取材しかしないから、取材の後も良好な関係が続く。そんなわけで人とのつきあいも増える一方だが、こちらはまったく苦にならない。

(130626 第434回 写真は、LE KLINTの照明)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ