多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > ワサブローさん、ス・テ・キ♥

ADVERTISING

ココロバエ
美し人

ワサブローさん、ス・テ・キ♥

2007.12.22

 一昨日、『fooga』月号特集記事でご紹介するワサブローさんのリハーサル風景を撮影するために、世田谷の音楽スタジオを訪れた。

 ワサブローさんは京都出身、パリ在住のシャンソン歌手。すでにフランスで30年以上も活動を続け、フランス政府からシュヴァリエを受章している稀有な日本人である。都内で行われるディナーショーの本番を間近に控えてのリハーサルであった。

 撮影は、もちろんナベちゃんこと、渡辺幸宏氏、『fooga』の特集における彼の役割はとても大きく、もはや彼の写真ぬきでは、『fooga』らしさは作れないと私は思っている。その人がその人たる所以、その人らしさ、その人の来し方が現れる一瞬を逃さず、カメラに閉じこめる。もちろん、それは対象者に感情移入しているからこそできる業。

 当日、残念ながらワサブローさんは風邪気味で、声の調子が悪かった。そのためにかなり声量を抑えてのリハーサルだったが、それでも表現力はまさしく名人の域。演奏が始まるやいなや、ナベちゃんは「CD、欲しくなっちゃった」とつぶやいた。ワサブローさんの口から発せられた声は、生きて空気中を伝わり、ナベちゃんや私の耳にスルッと入ってきて、心のあちこちを刺したのだった。

 歌い始めると、瞬時に自分の世界に没入し、演じきってしまうのは条件反射なのか、と感嘆してしまった。だって、狭い音楽スタジオでのリハーサルで「演じる」必要はないのだから。そこが、INTERPRETE(演じる人の意。※フランス語表記ができないので、不完全な表記となっている)と言われている所以。そう、ワサブローさんは「歌手」ではなく、「演じる人」とカテゴライズされているのだ。

 さて、ワサブローさんの特集は「パリ×京都=ワサブロー 永遠の異邦人 ワサブロー」という変な計算式まがいのタイトル。巨大な共同社会である日本を飛び出して、あえて異国で異文化に挑戦したいきさつ、パリと京都という世界にも稀な情感を持つ都市のエッセンスを持っているがゆえに表現できること、しかし、いずれの場所においても異邦人であること、そして、それゆえ表現できること……といった切り口で、現在執筆を進めている。

 右上の写真はスタジオでのリハーサル風景で私が撮ったものだが、ナベちゃんが写すとどうなるか…。それも次号の見所である。

 乞うご期待。

(071222 第27回 )

 

 

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ