多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 悠々として急げ

悠々として急げ

2013.04.27

高知の山

 前回のブログで、「ジワジワ」がいいと書いた。すぐに結果が出ることを望んでいない、と。

 そう書くと、のんびりと仕事をしているととられるかもしれない。

 ところが、さにあらず。詳細を書くのは野暮なのでやめるが、上から見ても下から見ても斜めから見ても太陽に透かして見ても商業臭のない定期刊行物を発行し続けるのは、そう簡単ではない。その証拠に、全国広しといえど、誰も『Japanist』のような雑誌をつくろうとは思わない。

 「そういう雑誌づくりにトライしてみようと思うんです」と言う人がいたら、即座に「やめなさい」と忠告するだろう。かといって、お金に余裕のある人がつくってもまったく違うものになるのは火を見るより明らか。じゃあ、どうすればいいんだよ! と怒る人がいるかもしれないが、つまるところ「見た目ほど簡単ではないよ」ということだ。

 「悠々として急げ」という言葉がある。緊張感をもってスピーディーに事をやり続けているのだが、心の中は泰然自若。周囲の人に焦りを感じさせない。そんな風に続けるためには、これしかない。「一期一会」。

 五十の大台を越え、数年過ぎた今、いつまでも時間があるとは思っていない。「百歳まで現役」と公言しているが、それは自分の細胞や無意識の意識にそう思わせようとしているまでのこと。それが実現できるかどうかは定かではない。また、人の命に限りがあるのと同じように、すべての物事にも限りがある。ジョージ・ハリスンが言ったように、All things must pass.だ。

 私はいつも一期一会のつもりで仕事にあたっている。とにかく、目の前の仕事に集中すること。今行っている仕事の質を少しでも高くしたい。ただ、それだけ。いいか悪いかわからないが、今月の売り上げを考えて仕事をしていない。

 例えていえば、400メートル走をつないでマラソンを走るということ。瞬間的に最も苦しい陸上競技は400メートル走だと言われているが、それをつないでフルマラソンを走ろうというのは、お利口さんのやることではない。でも、一期一会というのは、本来そういうものだと思う。『Japanist』は趣味でもビジネスでもないし、もちろん道楽でもない。とにかく、目の前のひとつひとつに集中すること。

 『Japanist』だけではない。その他、私が携わっている仕事のすべてをそのような境地で行いたい。それがまた、社会を良くすることのひとつだと信じている。

(130427 第419回 写真は牧野富太郎記念館から見た山々)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ