多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 日本に生まれた僥倖

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

日本に生まれた僥倖

2013.01.21

反旗 人間に限らず、生き物というものは不思議だ。体の仕組みは複雑怪奇といっていいほど緻密で、まだまだ解明されていないことの方が多い。宇宙の秩序もそうだ。科学はかなり進歩したと思っている人が多いかもしれないが、ひとつの真理がわかると、それにともなってもっと多くのわからないことが新たに増えてしまうという。

 なぜ、自分が人間に生まれてきたのか、そして、なぜ、日本に生まれたのか、と考えると、これまた不思議だ。もしかしたら、お隣中国に生まれてきてもおかしくはなかった。確率からいえば、そういうことだよね。

 でも、そうならなくて良かった。

 そう思わせてくれる本だ。

 『反旗 中国共産党と闘う志士たち』(育鵬社)。かなりひどい国だと思っていたが、これほどおぞましい国だとは思わなかった。戦慄が走り、ときには背筋が寒くなった。

 中国国内で共産党独裁体制に対し、自由と権利を得るための運動をしている人たちを紹介している。数百万人(資料によっては数千万人)が命を奪われたという文化大革命、デモを行う学生たちに無差別水平射撃をくわえ、あげく戦車で轢き殺してしまった天安門事件の頃となんら変わっていない。いや、むしろ残忍さ、狡猾さは以前に増している。外交・国際問題でもあちこちで紛争のタネをばらまいているが、国内での弾圧もそれに劣らず凄まじい。

 少しでも共産党に批判的な言動をすれば、たちどころに密偵を放ち、拉致・逮捕・監禁など、なんでもやる。殴る蹴るで内臓が損傷したり、骨を折られるなど日常茶飯事。場合によっては家族にまで危害が及ぶ。それを知っているから、批判をすることは命がけだ。

 インターネットにより、人民の不満が広く大衆に伝わるというのも、ある意味ではウソ。例えば、北アフリカで起こったジャスミン革命のときは、自国に飛び火するのを怖れ、「ジャスミン」はもちろん、「チュニジア」「エジプト」といった、ジャスミン革命を連想させるキーワードはすべて中国当局の手によって検索できなくされた。

 中国の2011年度国家予算では、国防費7兆5000億円に対し、公安費は7兆8000億円。中国が軍事力を急拡大させていることは明白な事実だが、それを上回る国家予算が国内の「反対分子」を押さえるために使われているのだ。

 さらに驚くことに、この公安費をめぐって政治家や官僚が駆け引きを繰り広げ、既得権益化しているという。つまり、この予算が減らされないよう、実際にはそれほどの反対分子でなくとも無理矢理容疑をでっちあげ、しょっぴいて「自分は反対分子です」と言わせるという。一人を見張るために8人も配置し、24時間3交替で「勤務」することさえあるという。なかには、この「ビジネス」をフランチャイズ化して、全国にチェーン展開している共産党幹部もいるという。こんな国に生まれたら、今頃、高久多美男の首はないだろうな。

 中国の新聞『南方週末』の新年社説が広東省共産党委員会の指示で強制的に書き換えられた事件は記憶に新しいが、今でも中国のメディアは共産党の思いのまま。とにかく少しでも政権に批判的な情報は抹殺される。

 中国共産党の横暴を書いていたらきりがない。最後に、一人っ子政策に関連して、それを衆知・徹底させるために地方政府が町や村の施設や民家に張り出したスローガンの一部を紹介したい。

 

 「血が川のごとく流れても、産みすぎは許さぬ」(江蘇州)

 「規則に従わないのなら、家族を皆殺しにせよ」(四川省)

 「二人目を許可するくらいなら、おまえの子宮をこすり取る」(貴州省)

 「捕まれば避妊手術をさせる。逃げれば追いかける。自殺したければ縄か毒薬の瓶をやろう」(広東省)

 「殴って、堕ちさせ、流れさせ、頑として産ませない」(湖南省)

 などなど、もっと他にもたくさんある。

 繰り返すが、これらのスローガンは、地方政府がつくったものである。今も昔も、中国の政権担当者にとって人民の命など犬猫のそれと変わらない。まして、人権など毛先ほどの意識もないだろう。

 

 今、チベットで抗議のための焼身自殺が相次いでいる。自分の身を焼いて抗議をするという事実に対して、国際世論はあまりにも冷めすぎてはいないか。そもそもチベットもウイグルも内モンゴルも中国の領土ではない。もちろん、台湾はいまだかつて中国領だったことは一度もない。

 

 中国でビジネスを展開しようとする人は、そういうチャイナリスクをよくよく肝に銘じてほしい。目先の利益につられて中国共産党の片棒を担ぐのは、人間として正しいのかどうかをもう一度熟考すべきだ。

 ユニクロの柳井氏はたしかに優秀なビジネスマンだと思うし、海外に進出し、素晴らしい結果を残していることは手放しの称賛を受けてしかるべきだが、では人間としてどうかと問われれば、首をかしげざるをえない。先の反日暴動の際、「尖閣諸島は中国の領土です」という張り紙を店頭に貼ったことを批判されると、「当局からの指示によって数十分間だけだった」と弁解していたが、数分だろうと数十分だろうとその事実を利用されていることに変わりはない。あげく、政府の対応が悪いと文句を言っている。じつにかっこ悪い。金に目がくらむのは仕方ないとしても、何か事が起こってから政府を批判することだけは絶対にやめてね。

 それと、鳩山由紀夫。そういう国だと知ってか知らずか、またのこのこと出かけ、中国の宣伝材料に使われている。

 以前、彼は小沢と菅(だったかな?)の仲介に入ろうとしたが不発に終わり、「僕はなんだったんでしょうね」と言ったそうだが、それはこっちが聞きたい。手足を縛って監禁しておかないと、いつまた国益を損ねるか心配で心配で……。

(130121 第396回 写真は、『反旗 中国共産党と闘う志士たち』)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ