多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 近くに住みたいなと思わせる書店をつくってしまった男

近くに住みたいなと思わせる書店をつくってしまった男

2012.10.14

 前回に続き、次号の『Japanist』の話題を。
 創刊号以来続いている「Leaders of JAPAN」というコーナーがある。先頃、自民党総裁に返り咲いた安倍晋三氏にも出ていただいたことがあるが、基本的には地方自治体の首長に取材することが多かった。地方自治体の首長はマネジメンターなので「経営のよしあし」がはっきり分かれる。その独自のマネジメントを探ることに主眼をおいてきた。
 次号(第15号)で初めて経済界のリーダーにご登場いただいた。
 増田宗昭氏。TSUTAYA、Tカードを運営するカルチア・コンビニエンス・クラブ株式会社の代表者だ。
 どうして増田氏に白羽の矢をたてたかといえば、以前このブログ(※「書店の、ある理想型」2月10日付)でも紹介した代官山蔦谷書店をつくったからだ。
 その際にも書いたが、その書店こそ私が思い描く理想の書店だった。
 選書の妙、専門的知識のある店員(同書店では各ジャンルごとにコンシェルジュと呼ばれる人がいる)、文具や美術品とのマッチング、ヴィンテージマガジンのバックナンバーなどアーカイブ的な要素、カフェやゆとりある空間などサロン的な要素、建物のデザイン性などがいずれも高いレベルで結実している。音楽はポップス系のみならず、ジャズやクラシックなど大人向けのコンテンツも充実し、気に入ったソフトを手に取り、コーヒーを飲みながらずっと聴いていてもいい。もちろん、映画のパッケージソフトも充実している。敷地内には洒落たレストランやプレミア仕様のコンビニなどもある。『Japanist』でおなじみのエアロ・コンセプトのコーナーもある。とどのつまり、“この近くに住みたい” と思わせる要素がふんだんにあるのだ。
 深夜2時まで営業しているので、住まいが近ければ「自宅の別室替わり」「自宅の庭替わり」に使うことも可能だろう。これだけの空間を個人でつくることはできない。
 増田氏は、感度の高い人たちが集まることによって新たな価値を創出する空間、いわゆる本物のサロンとして機能する場にしたいと話されていたが、現にそうなりつつある。
 私は『Japanist』を感化装置としてとらえている。それを媒介にしてさまざまな感化を促す装置。形の上では紙の束だが、最終的に目指すところは人の心における変化(=感化)である。
 代官山蔦谷書店の目指すところもそうだ。「モノを売るのではなく、生き方を提案する」というのが増田氏が一貫して唱えてきた経営理念だ。
 増田宗昭氏の経営哲学や同書店のコンセプトに焦点を当てた「夢しか実現しない」という12ページの記事、ご期待ください。もちろん、同書店で購入できます。
(第374回 写真は、代官山蔦谷書店中庭にあるケヤキの大木の前で増田社長と)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ