多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 書店の、ある理想型

書店の、ある理想型

2012.02.10

 本を食べて大きくなったような私にとって、これほどワクワクさせてくれる本屋は他にない。

 昨年12月にオープンしたばかりの代官山蔦屋書店。あのTSUTAYAを経営する増田宗昭氏が、「こんな本屋を作りたかった」と思いの丈を込めて作った書店である。

 

 出版業のはしくれとして、今の書店のあり方に疑問を抱いている。本に対するリスペクトが感じられる店が急速に少なくなっているのだ。ひとことでいえば、“本屋の巨大雑貨店化”。床面積は巨大化する一方だが、「店主」の本に対する思いが出てくる余地はない。品揃えはどの店へ行ってもほとんど同じ。だから、話題の本をできるだけ短期間に効率よく売りさばくということに意識が集まらざるをえない。少し店頭に並べて売れなければ、撤去されて返品される。本は汚れ、帯がちぎれていることもしばしばだ。およそ、本に対する愛着は感じられない。

 変わり果てた姿になって帰ったきた本に対し、「苦労をかけたね」とねぎらいの言葉をかけたくなることもある。

 「売れる本を作ればいいじゃないか」と叱責されるかもしれない。売れる本ならば、大歓迎だよ、と。

 もちろん、それも一理ある。売れない本は自己満足に過ぎないかもしれない。でも、ほんとうにいいものは、短期間で理解されるのは難しいというのも真理だ。そもそも、本にリスペクトを抱き、なおかつ出版業のはしくれに連なる立場として、「すぐに売れなくても、できる限りいい本を作りたい」という意志を捨て去ることはできない。

 ヨーロッパの書店は見ているだけで楽しい。本がきちんと主役になっており、間違っても「雑貨」扱いはされていない。展示の仕方にも店主の思いがつまっているのがわかる。どの本の表紙を見せるのか、そもそもどの本をセレクトするのか。だからこそ、書店それぞれに個性がある。うちは美術に力を入れていますよ、うちは食に関する本なら自信がありますよ、と。

 しかし、日本の書店はスケールばかりが巨大化するだけで、中身はますます画一化されている。「現代人は本を読まないから、仕方ないのだ」という声も聞こえてきそうだ。たしかにそうなのだろう。以前ほど、日本人は本を読まなくなった。

 しかし、本に対する興味を失わせたのも、昨今の書店なのではないか。本来であれば、リアル空間の書店がネット書店に負けるはずはない。なぜなら、本は実際に手に取り持った感触、装幀や本文の字組、はてはその本が醸し出すオーラなどを感じ取りながら選ぶのが愉しいはずだから。もちろん、ネット書店を否定するつもりは毛頭ないし、私もときどき利用する。

 

 そこへいくと、代官山蔦谷書店は、現代の書店のあり方に一石を投じるほど強いインパクトがある。だって、あの空間にいると、自分の細胞が活性化してくるのがわかる。

 休日、若いカップルが多いのもいいことだ。

 “こんな書店が似合う人間になりたい、この書店に置いてある本に精通したい” 等々、そういう思いを抱かせるとしたら、それは素晴らしい感化装置といえる。書店の重要な社会的役割といっていい。いや、むしろ、これからの書店はそういう役割をもっと自覚すべきだ。それが書店の生き残りにも通ずると思うのである。

 さあ、代官山へ行って、本が放つオーラのシャワーを浴びよう。

http://tsite.jp/daikanyama/

(120210 第317回 写真は代官山蔦屋書店の2号館と3号館)

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく陰陽相和す中庸を求める

■本は永遠の師匠

バルザック、ユゴー、デュマなど19世紀フランス文学からヘミングウェイ等の20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

バッハ、モーツァルト、ベートーヴェンの御三家からワーグナーまでのドイツ音楽、フランク、ラヴェル、フォーレなど近代フランス室内楽、バルトーク以降の現代音楽まで、あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■映画は総合芸術だ

『ゴッド・ファーザー3部作』などのマフィアもの、『ニュー・シネマ・パラダイス』、黒澤明のほぼ全作品、007シリーズ、パトリス・ルコント監督作品など、こちらも雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■歴史上の尚友

尊敬する偉人の双璧は、大久保利通と徳川家康。他に幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介。理想主義者、ロマンチストより結果を出したリアリストを評価する

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■隠れ目標

死ぬまで同じライフスタイル

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■追記

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす。かなりの猫好き(愛猫・海=2019年没)、2019年9月、「じぶん創造大学」を設立し、自ら入学(生徒数1名)

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ