多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 「空の杜」を歩く

ADVERTISING

紺碧の将

「空の杜」を歩く

2023.01.09

 年末年始は新宿御苑が閉園のため、例年、明治神宮や神宮外苑を歩く。

 今年、新たな発見があった。国立競技場の外周部分に「空の杜」と名づけられた空中回廊があり、イベントがない日は開放されているのだ。

 周囲の景色を眺めながらぐるりと1周できる。杜というほどの樹林ではないが、回廊の周囲にはさまざまな植物が植えられている。

 ときどき歩く場所を変え、新たな風景を発見する。これも日常の〝愉しみ〟のひとつになっている。

 

公式サイトから拝借

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜が早々と咲いている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついでに① 青山霊園にある大久保利通公の墓所。ここに参拝するのも恒例

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついでに② 宇都宮美術館の展示室を出て、カフェに至るアプローチの前に広がる雑木林。大好きな風景である

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(220109 第1162回)

 

髙久の最新の電子書籍

『禅ねこうーにゃんのちょっとした助言』

『焚き火と夕焼け エアロコンセプト 菅野敬一、かく語りき』

『魂の伝承 アラン・シャペルの弟子たち』

『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

『偉大な日本人列伝』

『本物の真髄』

 

本サイトの髙久の連載記事

◆音楽を食べて大きくなった

◆海の向こうのイケてる言葉

◆死ぬまでに読むべき300冊の本

ADVERTISING

Recommend

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ