多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 皇居東御苑を歩く

ADVERTISING

本物の真髄(電子版)

皇居東御苑を歩く

2022.05.09

 前回に続き、都内の緑多きスポットを歩く。

 1947(昭和22)年、旧皇室財産のうち皇居外苑(皇居東御苑)、新宿御苑、京都御苑が国民に開放された。これを国民公園という。晴天に恵まれたGWのある日、皇居東御苑を歩いた。私は、人が移動するときは、じっとしていることが多い。どこへ行っても人混みが激しいから。特に今年は、久しぶりの移動制限のないGWということで、各地の混雑が予想されていたからなおのことである。

 皇居東御苑はその名の通り、皇居の東に位置する大きな公園で、江戸城本丸、天守閣があった石垣もある。どのアングルから見ても、自然と都会の調和がとれている。クスノキや草花の花の匂いが風にのって漂い、野鳥の啼き声が重なる。汚い商業看板はひとつもない(もちろんだが)。人工的な騒音もほとんど聞こえない。

 

まずは大手門から入る。入場料は無料

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クスノキの大樹が並ぶ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

火災などの際、大切な物を保管した石室

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

江戸城の天守閣跡の石垣

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天守閣跡から見る丸の内界隈

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

汐見坂。築城当時はこの場所近くまで日比谷入江が入り込み、この坂から海を眺めることができたことから「汐見坂」と名づけられた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和天皇のご発案によって作られた二の丸の雑木林

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(220509 第1127回)

 

髙久の最新の電子書籍

『禅ねこうーにゃんのちょっとした助言』

『焚き火と夕焼け エアロコンセプト 菅野敬一、かく語りき』

『魂の伝承 アラン・シャペルの弟子たち』

『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

『偉大な日本人列伝』

『本物の真髄』

 

本サイトの髙久の連載記事

◆音楽を食べて大きくなった

◆海の向こうのイケてる言葉

◆死ぬまでに読むべき300冊の本

ADVERTISING

Recommend

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ