多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 鎌倉時代のフリー宣言

鎌倉時代のフリー宣言

2011.10.19

 前回、法然上人のことを書いたが、その続きを。

 JR東海の名作広告シリーズ「そうだ 京都、行こう」キャンペーン」に次のようなポスターがあった。

 知恩院の巨大な門を正面から撮った写真に、次のコピーが配されている。

 “巨大組織「比叡山」からひとり飛び出した法然。鎌倉時代の「フリー宣言」でした。

 勇気があって成功して。カッコイイと思います。”

 あるとき、法然は巨大組織「比叡山」を飛び出し、小さな庵を結んで浄土宗の布教を始めたのだが、その場所が現在の知恩院であった。そのスタートを「フリー宣言」であったと表現している。

 なにごともそうだが、何かを得るためには何かを捨てなければならない。私も27歳で起業してから、実績もないのにさまざまなことにこだわった。デザインだけの下請けはやらない、酒やゴルフなどの接待をしない、同業者の組合に入らない等々。それらによって、目先の仕事をいくつか失ったことは事実だろう。しかし、それを補って余りうるものを得た。それは、仕事に専念できる心地よい精神状態だ。作り笑いを浮かべながら酒をつぐなどできない性格であることは自分がいちばんよく知っている。そういう自分に無理をさせないルールを課したのだった。

 ただし、そうすることは、傍目には「わがまま」とか「つきあいが悪い」と映る。それを克服するには、いい仕事をする以外にない。「あいつはつきあいが悪いけど、仕事を一生懸命やっていい結果を生んでくれるからいいか」と思わせなければ、ただの自己満足になってしまう。

 と、法然上人のことを書こうと思っていたら、いつの間に自分のことを……。

 今、つくづく思うのは、目先のことに惑わされないで自分の好きなことを最優先に仕事をやってきて良かったということ。もし、世間のしがらみや変な常識に束縛されていたら、今よりはるかに大きな事業を営んでいたかもしれないが、心はアップアップ状態になっていたと思う。

 これからも直感に従ってまっしぐらに突き進むつもりである。

(111019 第289回 写真は知恩院の山門)

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ