多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 水はいのちのキーマン

水はいのちのキーマン

2011.08.05

 今から1200年以上前、北の勇者・アテルイは自分たちの国「蝦夷」を救うため、坂上田村麻呂に投降する。アテルイを待ち受けていたものは過酷な拷問だった。首から上だけを残し、体全体を地中に埋められ、何日も水断ちされる。水を飲めないことほど辛い拷問はないのだという。そして、アテルイは生きたまま首をノコギリで切られ、死んでいく。自分たちのふるさとを守るため……。

 高橋克彦の名作『火怨』のラストはおおむねこんな感じだったと記憶している。

 

 水は人間のみならず、すべての生き物にとってなくてはならないものだ。命を維持する、あるいは命をつなぐために必要なさまざまな仕掛けは、水なしではまったく機能しないのだ。

 『老子』では、水の重要性がたびたび説かれる。それは単純に生き物にとって必要だから、という観点ではなく、特定の形をもたず、どのような器にも応変に対応できるという柔軟性において……。暗に、型にはまった生き方を批判しているのだ。

 水は一見、何の形ももたず、低い方へ低い方へと流れていくが(つまり、へりくだるが)、一端暴れ出すと人間の力ではどうにもならないという凄さをわれわれ人類は今年の3月11日、目の当たりにしたばかりだ。

 この世の創造主は、よくぞ水という物質をつくったものだ。しかも、構成元素は水素と酸素だけで。

 

 今年のある春の朝、庭の鉢植えの花に水滴がついているのを見つけた。なんという植物かわからないが、ネコヤナギのように毛のついた花の表面に何粒もの水滴がついていた(右上の写真)。花の真横についているものもたくさんあった。どうして転げ落ちないのか、とても不思議だった。接着剤でもくっついているのだろうかと思うほどに。

 

行く川の流れは絶えずしてしかももとの水にあらず……

 

 私たちの先祖は、水の流れに無常観を盛り込んだ。

 

 祖先から受け継いだ大切な水資源が今、さまざまな脅威に面している。とりわけ原発と中国は大きな脅威だ。原発事故による汚染はとどまるところを知らず、中国資本は日本の水源地の周りを買いあさっている。

 水はいつまでもタダだと思っていると、とんだしっぺ返しがくるだろう。この豊かな水に恵まれた国を次世代に受け渡す義務をわれわれ大人たちは担っているということをもう一度肝に銘ずる必要がある。

(110805 第271回)

 

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ