死ぬまでに読むべき300冊の本
HOME > Chinoma > 死ぬまでに読むべき300冊の本 > 万物斉同を平易な言葉で表した小さな詩人

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

万物斉同を平易な言葉で表した小さな詩人

file.070『こだまでしょうか、いいえ、誰でも。』金子みすゞ ミヤオビパブリッシング

 

 金子みすゞは不思議な人だ。いや、みすゞからすれば、周りの人たちがおかしいと思ったにちがいない。こういう作品がある。

 

「不思議」

 

 私は不思議でたまらない。

 黒い雲からふる雨が、

 銀にひかっていることが。

 

 私は不思議でたまらない。

 青い桑の葉たべている、

 蚕が白くなることが。

 

 私は不思議でたまらない。 

 たれもいじらぬ夕顔が、

 ひとりでぱらりと開くのが。

 

 私は不思議でたまらない。

 誰にきいても笑ってて、

 あたりまえだ、ということが。

 

 金子みすゞにとって、世の中のことごとくが不思議だった。そして、こんなに不思議なことばかりなのに、だれもそう思わないことが不思議だった。自分だけ異星人のように思え、孤独感にさいなまれたこともたびたびあったはずだ。

 金子みすゞは、26歳で死去するまでに512編の詩をつくった。その着想のほとんどは、身の周りに存在するあらゆるものとの同化にある。ヘミングウェイの『老人と海』で、サンチャゴ老人は自分が仕留めた巨大なカジキマグロとの長い格闘の末、相手との同化に至るが、みすゞはただじっと観察するだけで同化している。いや、なにもせずとも同化している。感性の鋭さに驚くばかりだ。

 とりわけ、小さな命に対する感覚は鋭敏そのものだ。いたずらひとつしていないのに、こうして私に食べられてしまう魚がかわいそうだとシンパシーを向ける。大漁に湧く周りの人たちをよそに、海のなかでは何万の鰯がとむらいをするのだろうと思いを馳せる。小鳥も兎も牛も蝸牛もみんな家をもっているのに、家をもたない魚は凍った夜もよっぴて泳いでいることに哀感のまなざしを向ける。

 そして、小さな生き物に無限大の宇宙を見る。

 

「蜂と神さま」

 

 蜂はお花のなかに、

 お花はお庭のなかに、

 お庭は土塀のなかに、

 土塀は町のなかに、

 町は日本のなかに、

 日本は世界のなかに、

 世界は神さまのなかに、

 

 そうして、そうして、神さまは、

 小ちゃな蜂のなかに。

 

 視線はドリルのように鋭く、もはや感覚器官としてのそれではない。見えないものまで見抜いてしまう。感性の受容範囲はパラボラアンテナのように広い。だからこそ、すべてが不思議でならないのだ。

「私と小鳥と鈴と」にみすゞの意地が垣間見える。

 

「私と小鳥と鈴と」

 

私が両手をひろげても、

お空はちっとも飛べないが

飛べる小鳥は私のやうに、

地面を速くは走れない。

 

私がからだをゆすっても、

きれいな音は出ないけど、

あの鳴る鈴は私のやうに

たくさんな唄は知らないよ。

 

鈴と、小鳥と、それから私、

みんなちがって、みんないい。

 

「みんなちがって、みんないい」という最後の言葉は、自分に向けたものにちがいない。

 みすゞの詩は、世界11ヶ国語で翻訳されているという。自然を征服の対象とせず、共生することを旨としてきた日本人独特の感性が生んだ詩人といえるが、彼女によって生み出された作品は、世界に通ずることを証明している。

 最後に、本書のタイトルになった詩を引用する。

 

「こだまでしょうか」

 

「遊ぼう」っていうと

「遊ぼう」っていう。

 

「馬鹿」っていうと

「馬鹿」っていう。

 

「もう遊ばない」っていうと

「もう遊ばない」っていう。

 

そうして、あとで

さみしくなって、

 

「ごめんね」っていうと

「ごめんね」っていう。

 

こだまでしょうか、

いいえ、誰でも。

 

本サイトの髙久の連載記事

◆海の向こうのイケてる言葉

◆多樂スパイス

◆うーにゃん先生の心のマッサージ

◆偉大な日本人列伝

 

髙久の代表的著作

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

 

●「美しい日本のことば」

今回は、「身に入む」を紹介。秋の季語にある「身に入む」、「入」を「し」と読ませて「身にしむ」です。 五感で受け止めた風や光、香りなどを身内で深く感じる心を「身に入む」と言い表せば、なるほどそのとおり。目に見えぬものが身内に入り込んで心身を絡め取る。その瞬間、なにかに取り憑かれたような感覚をおぼえます。それが言葉であれば、なおさらでしょう。続きは……。

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ