多樂スパイス
ホーム > ブログ【多樂スパイス】

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

『Japanist』 創刊予告
2008.12.25
 さまざまな点と点がつながり、ひとつの雑誌が創刊されることになった。 名前が勇ましい。『Japanist』。文字通り、「日本」の「専門家」。つまり、日本に詳しくなり、日本人としての誇りを持とうよ、というコンセプトである。けっして右翼思想でもなければ、偏狭な国粋主義でもない。 実は、今年の9月、ある出会いがあった。フリーの出版プロデューサー・鈴木重美氏である。 会うなり意気投合し、「何か二人で始めたいね」という思いが、この雑誌の最初の細胞分裂であった。 やがて、ある運動に触発される形で一気に構想が膨らみ、具体的な…続きを読む
 
ニッポン放送の破裂談
2008.12.15
 中田宏氏がDJを務める「ドリームランナー」というニッポン放送の番組に、『fooga』12月号で紹介した炭焼き師の原伸介さんを紹介したので、収録に立ち会った。ちなみに、その「ドリームランナー」という番組は『fooga』のラジオ版ともいうべきコンセプトで、さまざまな分野で頑張っている30代から40代の人をゲストに招き、一人30分×2週連続放送という形で紹介している。 中田と原、まさにサムライ同志の対談なので、会った瞬間から2人は意気投合。しかも、中田さんがほとんど喋らずに原伸介だけが猛烈な勢いで喋っていた。先月も…続きを読む
 
エリゼ宮は遠かった
2008.12.06
 時には古いネタを使おう。一度は行ってみたい場所のひとつにパリのエリゼ宮があった。 『魂の伝承』を執筆するため、フランス料理の歴史について調べていた時、フランスは食をからめて外交戦略をしているということを知って、なるほどと思い、以来、エリゼ宮に行ってみたいものだと思っていたからである。 チャンスは存外早くやってきた。ある秋の日、パリに滞在していた時、偶然翌日がフランスで制定されている「私たちの財産記念日」であるということを知ったのだ。聞けば、毎年春と秋にそれぞれ2日ずつ、ふだんは一般に開放していない国の施設を開…続きを読む
 
松下政経塾主催の懇談会
2008.11.30
 去る11月21日、「松下政経塾政経研究所 日米次世代会議プロジェクト パトリック・クローニン氏、フランク・シルフォ氏を囲む懇談会」に出席した。場所は永田町の参議院議員会館。永田町界隈は、今までまったく縁がなかったエリアであるのに、なぜ、私がそんなところに出没したのか? うーむ、これはいまもって実に不可解である。 参加者は10数名。ゲストスピーカーである二人のアメリカ人を除き、私ともう一人以外すべて政経塾OBの政治家及び政治関係者ばかり。会議室に入ると、机の上の英語のネームプレートが目に入り、「おや?」。 会議…続きを読む
 
ある芸術の愉しみ方
2008.11.23
 3人で飲む時にウマの合う組み合わせがある。 私の場合は、以前、このブログで紹介した、日仏料理とも言える〈環坂〉の坂寄誠亮シェフと陶芸家・島田恭子女史(いずれも『fooga』特集で紹介)という組み合わせが、その好例だ。坂寄シェフがお気に入りのレストランに極上のワインやシャンパーニュのコレクションを持ち込み、3人でたらふく飲み、食べ、熱く語るということを年に何度かしている。 坂寄シェフは宇都宮で独自のスタイルを築き上げた稀有な料理人(日本広しといえど、あのようなスタイルは他にないだろう)、島田女史は桜をテーマにし…続きを読む
 
Recommend Contents
このページのトップへ