多樂スパイス
ホーム > ブログ【多樂スパイス】

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

大工の技術がわかれば宇宙がわかる
2017.02.19

 『扉を開けろ』の出版記念パーティーに参加するため神戸を訪れたついでに「竹中大工道具館」に行った。新神戸駅から徒歩3分ていどのところにある。

 かなり以前、『fooga』の取材で宮大工の小川三夫棟梁に会ってから、大工の技術に興味をもった。長い間に培われた大工の技術は、日本人の自然観を含めた精神性の集大成であり、技術力の源だと思っている。とかく悪者にされがちな日本のゼネコンだが、その技術力は世界でも群を抜いていると言われている。その源は明らかに大工の技術だ。どうしていにしえの日本人は建築工学をろくに学びもせずに、あれほど精緻な建築物を造ることができたのかと感嘆するばかりである。

 小川さんとの禅問答のようなやりとりを思い出す。
「あれだけの重量を支えるための設計はどのようにしておこすのですか」
「規矩がわかれば、簡単にできる」
「規矩を理解するためにはどうすればいいのですか」
「ひたすら研ぎをすることだ」
 研ぎとは鉋の刃を砥石で削り、磨くことだ。
「雲一点の偽りもないほど研ぎをすれば、おのずと規矩はわかるようになる」
 ?????という感じだった。
 規矩(定規とぶんまわし=コンパス)と研ぎがどうつながっているのか、すぐにはわからなかった。今でもわからない。つまり、あの奇跡のような日本の大工技術は、近代の建築工学ではなく、まったく別の世界観によって形成されているということだ。それを学ぶために、ひたすら現場で仕事をするということ。ただの一点も疎かにせず、できる限りの仕事をする。その積み重ねによって、宇宙の仕組みを我がものとする。
 竹中大工道具館には、そんな大工の技術がぎっしりつまっている。道具の美しさは言うにおよばず、展示の仕方もいい。あちこちに男性の解説員がいて、聞こうと思えばいくらでも質問できる。
 少し残念だったのは、神戸在住の人に竹中大工道具館のことを聞いても、だれも知らなかったことだ。じつにもったいない。
 竹中工務店は素晴らしいものをつくってくれた。ぜひ一度、訪れてほしい。
http://www.dougukan.jp/
(170219 第701回 写真上は鉋と削った屑、下は鼃股)

 
オレは未来を抱いて生きている
2017.02.14

 本ブログも今回でめでたく700回。飽きもせず、続けている。

 さて、記念すべき今回は、あの山澤清氏に登場してもらおう。以前も本欄で紹介したが、山形県鶴岡市で〝農業革命〟を行っている張本人。
 『Japanist』次号の対談記事のゲストは山澤さんだ。仕上がった原稿を読むと、あらためてこの人は現代の思想家であり、哲学者であり、革命家だと思う。自分だけ上空から人間様の営みを見ている。なにもかも、み〜んなお見通しなのだ。
 どうしてこのような眼力を養うことができたのだろう? 不思議でならない。おそらく、自然から教えてもらったのだろう。自然という教師の無言の教えをただ「素直に」学んだだけなのかもしれない。

 ここでは詳しく書くまい。以下、山澤清語録を。

「人間、何かを持てば何かを失うってことに気づいた」
「男はパーだからよ、各論は言うけど総論が言えねえわけ」
「オレみたいにモーガニック(より高度なオーガニックの意)ってなると、土壌を50年後まで悪くしないっていう作物の作り方。50年先からあとのことは知ったこっちゃねえ。あとは誰かがやればいいの」
「男はジレンマをかかえて生きてんのよ。でも、オレはわざとそのジレンマを越えたところで生きんの」
「オレは混沌とした生き方をしてる。白黒はっきり区別するんじゃなくて、混ざり合った中で生きねばなんねえ」
「おかしな野菜ばっか食ってっから生殖能力のない男が増えてんだ。男は女ほど考えてないの。男と女ってまるっきり違う生きものなのよ」
「文明の賞味期限ってのは、土壌の劣化にある」
「そのうちきっと、みんなオカマ野郎ばっかりになるさ。オレもオカマみてえなもんだけどもよ(笑)。未来の時限爆弾仕掛けられてんの」
「一歩退いて俯瞰して見ればいいの。絶対的な正しさっていうのは、オレはありえないと思うもん」
「今はみな棒にふさふさつけて人の手で花粉をつけてんべ。あれ、昆虫の代わりやってんだぜ。ばっかみてえだろ」
「オレから言わせれば、黒字になった会社は自慢でもなんでもないの。未来さ金使ってねえから黒字になってんだもん」
「若いうちは金なんて貯めちゃいけねえ。オレは常に未来を抱いて生きてっから」

 かっこいいなあ、このオドゴ。
(170214 第700回 写真は対談中の山澤清氏と中田宏氏)

 
破壊と創造
2017.02.10

 「先人たちの軌跡=歴史」とどう向き合うか。

 いつの時代も「現代人」に問われる、究極の問いである。
 ヨーロッパ人は概して歴史を大切にする民だと思うが、そのアプローチはさまざまだ。とりわけ、フランス人はアヴァンギャルドである。
 その典型的な例が、ルーブル美術館のメインエントランスにあるガラスのピラミッドであろう。1989年に完成した建造物で、当時のミッテラン政権が推進した「パリ大改造計画」の一環として建設された。
 私も何度も見たが、周囲の光景との異様な調和に度肝を抜かれる。何度見ても、驚かないということがない。なにしろ、周囲は絢爛な古典的建築・ルーブル宮である。そこにまったく異質のガラスを使って、もともとフランスのものではないピラミッドを模したエントランスを造ってしまったのだ。異様にもほどがある。当然のことながら、この計画は賛否両論を呼んだ。
 建築家は中国系のイオ・ミン・ペイ。信楽にあるMIHO MUSEUMも彼の手によるものだ。
 パリの旧市街地(20区内)には基本的に新しい建築物を造ることはできない(もちろん、例外はあるが)。かの熱波によって数千人が死んだ後も、エアコンの室外機を路面に向けて取り付けられないという法律を変えず、地方都市へ伸びる拠点ターミナル同士をつなぐこともしないというほど歴史的景観を大切にしている。それらを聞くと、フランス人ってやつはまったくガチガチの守旧タイプなのかと思わせられるが、やる時はやる連中なのだ。この、変化を恐れない、破壊的創造が彼らの真価だ。特に知的好奇心の高い人たちは、「それまでにない、新しい文化」を積極的に受け入れる。しかし、受け入れないものもある。美しくないものだ。
 今となってはパリの風景にすんなり溶け込んでいるエッフェル塔だが、あれも建設当時は賛否両論を集めた。モーパッサンなどは、エッフェル塔を見なくても済むようにと毎日エッフェル塔に昇って食事をしたという。ほんとうにイヤだったのか、あるいはそれが裏返って好きになったのかわからないが。

 海外には久しく脚を運んでいないが、今でも行ってみたいところは、パリとバリ島である。
(170210 第699回 写真上は私が撮影したピラミッド、下はWikipedia掲載のピラミッド)

 
ん? スズメヤナギ?
2017.02.06

 

%e3%81%ad%e3%81%93%e3%82%84%e3%81%aa%e3%81%8d%e3%82%99%ef%bc%91「これはスズメか?」
 そう思った人もいるだろう。
 じつはネコヤナギ。殻がスズメの頭部に、花穂がしっぽのように見える。

 もともとネコヤナギは、尾の部分がネコのしっぽのように見えることから命名されているが、私ならスズメヤナギと呼びたい。
 自然界のなかにあると、殻は風で飛ばされてしまうのだろう。あまり見かけない。しかし、家のなかにあると、ずっと残っている。
 ネコヤナギは他のヤナギ類より一足早く開花することから、春の訪れを告げる植物とみなされている。わが家では立春のずっと前に開花した。

 思えば、植物の形はじつに面白い。どんな造形作家もかなわないほど独創的だ。いったい、どんな茶目っ気のある創造主がこのような形をデザインしたのかと感心するばかりだ。

 そう思って自然界を眺めると、不思議な形ばかり。「え? いままで気がつかなかった!」と悔しい思いをすることになる。
%e3%81%ad%e3%81%93%e3%82%84%e3%81%aa%e3%81%8d%e3%82%99%ef%bc%92 スマホばかり見ている人にはわかるまい。この自然界の造形の妙味。こういうものを見つけて喜べる私は、ほんとうに安上がりな人間だ。
(170206 第698回 写真はいずれもネコヤナギ)

 
フィボナッチ数列
2017.02.02

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%9b%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%83%e3%83%81%e6%95%b0%e5%88%97 直木賞を受賞した『蜜蜂と遠雷』(恩田陸)を読んでいたら、モーツァルトを連想させる天真爛漫な少年・風間塵が海辺で巻き貝を拾い、「フィボナッチ数列」と言うくだりがあった。

 フィボナッチ数列とは簡単に言えば、「黄金比」である。イタリア人のフィボナッチ(1170年頃〜1250年頃)が発見した数列で、最初の2項が1で、第3項以降がすべて直前の2項の和になっている数列だ。例えば、1、1、2、3、5、8、13、21、34、55、89、144、233、377、610、987、1597、2584〜と続く。

 フィボナッチ少年は、いつもボーッとしていたという。ただ、他の人の「ボーッと」と違うところは、自然界をつぶさに見ていたということ。
 ある日、自然界はある秩序だった数列によってできているということを発見する。それが上記の数列である。
 事実、自然界はフィボナッチ数列だらけだ。花びらの数、葉の付き方、植物の花の実に現れる螺旋の数などが代表的な例だ。パイナップルの螺旋の数は、時計回りだと13、反時計回りだと8。ハチやアリなど、オスに父親がない家系を辿っていくとフィボナッチ数列が現れるという(父母2匹、祖父母3匹、曽祖父母5匹、高祖父母8匹〜)。
 各項の長さを一辺とした正方形を並べていくと螺旋状になるが、その形は前述の巻き貝の他、ネコの丸くなっている姿、人間の耳や指紋など、ありとあらゆる姿にあてはまる。おそらく宇宙の形もフィボナッチ数列なのだと思う。
 いやはやこういう秩序を誰がつくったのか? あらためてその偉大さを思い知った。同時に、フィボナッチのような少年が現代に生きていたら、「ダメな子」という烙印を押されてしまうのだろうなとも思った。

 ところで『蜜蜂と遠雷』、クラシック音楽をテーマに、最後まで一気に読ませる筆力はすごいと思った。音楽好きで良かったとしみじみ思った。
 しかし、「ので」があまりに頻繁に使われていることには閉口した。とにかく「ので」「ので」なのだ。1ページに9回出てきたこともあった。ひとつの文章に2回、「ので」が使われているケースもいくつもあった。まるでスポーツ選手のインタビューを聞いているかのように、意味のない「ので」がたくさんあった。
 会話や心の中のつぶやきが地の文章に混じっているため、どうしても緩慢な文章になるのはやむをえないとしても、ここまでユルユルの文章でいいのかなと思わざるをえない。
 それでも読ませてしまうのは、やっぱり筆力なんだろうね。
(170202 第697回 写真はわが家のフィボナッチ数列)

 
Recommend Contents
twitter
このページのトップへ