多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 流行嫌いが清正の井戸へ

流行嫌いが清正の井戸へ

2011.05.03

 広告会社の経営を24年以上もやっているのに、人為的に作られたブームが嫌いだ。

 「そういうことで、よく広告会社をやってこられましたね」と驚かれることがあるが、じつは自分の方が驚いている。

 そもそも、子どもの頃から人と同じことをするのがイヤだった。今でも流行の服を着るのは恥ずかしいことだと思っている。

 というか、誤解をおぞれずに言ってしまえば、そういうことを恥じらいもなくできる人は極端なお人好しか、あるいは思考力がない人だと思っている。なぜなら、自分で自分に合った服装を考えられない人だと思っていたから(その人に合っているのであれば、流行の服といえど悪いとは思わないけどね)。

 私はどちらかといえば着るものに頓着する方だが、店員がつかつかと寄ってきて、「今年はこれが流行ですよ」などと言ったとたん、その商品は選択肢からはずすような人間だ。とにかく、人気商品、人気店、人気タレント、流行り言葉というようなものが苦手なのである。

 なぜ、そうなのか、一度自分なりに分析したことがあったが、結局理由はわからずじまいだった。自分の奥底にいる自分が、そういうことを嫌っているとしか言いようがない。

 そこであらためて思った。そのことによって、失ったものはあっただろうかと。

 ない。まったく何もない。つまり、人と同じことをしなければいけないと思い込んでいるのは、一種の脅迫観念なのだと思う。

 そんな私であるが、あろうことか、明治神宮御苑の噂のパワースポット “清正の井戸” へ行ってしまった。

 うー、恥ずかしい! これを恥ずかしいと言わずして、なんといおうか。

 おそらく、あのブームも誰かが仕掛けたものだろう。でなければ、あんなに猫も杓子もこぞって見に行くはずがない。

 伝えによれば、加藤清正が掘った井戸だという。以来、一度も枯れたことがないのだという。だから、パワースポットなのだという。

 そういう思いで清らかな井戸を見れば、たしかに何かを感じるような気配がした。まあ、真実のほどはわからないが、そういうことにしておこう。

 それはともかく、明治神宮御苑には不思議な木がいっぱいある。実際になんらかの力が集まっている場所なのかもしれない。

 次回から2回に分けて、不思議な木を紹介したい。

(110503 第248回 写真は明治神宮御苑の清正井戸)

 

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ