多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > なにゆえ仕事はこれほど楽しいのか

なにゆえ仕事はこれほど楽しいのか

2010.09.05

 『なにゆえ仕事はこれほど楽しいのか』というエッセイ集を上梓した。

 大げさなタイトルだなあと思う方も多いと思うが、けっして奇をてらったわけではない。ありのままの気持ちをタイトルにしただけである。

 思い返せば、20代前半の頃は仕事が嫌で仕方がなかった。仕事そのものはもとより、上司も同僚も好きではなかった。社会に対しても憤りばかりだった。なにより、自分自身が無能で腹が立った。そして、「どうせ自分は何もできない男なのだから」と開き直った。

 結果、いつも逃げてばかりいた。逃げるというのは、仕事のことを意図的に忘れるということで、ロックバンドを組んでいたり、仲間たちとダンスパーティーに興じたり、本や音楽や映画鑑賞に没頭したり、同人誌制作に夢中になったり、と浮世離れしたことばかりしていた。

 ところが、それらがけっして無駄になっていなかったと悟るのは随分後になってからのことだ。なぜなら、それらの知識や経験は、今まさに役に立っているからである。不思議なもので、当時、現実逃避のためにしていたことが、今とても役に立っているのだ。

 じつに不思議である。

 

 さて、今回上梓したエッセイ集は、仕事嫌いの人間だった私が、いかにして仕事が面白くなったかを綴ったもの。と言っても、具体的にそのノウハウが書いてあるわけではない。今までの来し方、考え方の中からそれらを演繹してみようと思っただけのことである。

 

 今、日本にどれくらいの労働者がいるのかわからないが、自分の仕事が好きな人はどれくらいいるだろう。これは私の勝手な推測だが、おそらく全体の数パーセント、消費税率よりも少ないのではないだろうか。その証拠に、多くの人が心を病んでいる。仕事が面白いということは人間関係も円滑にいっているということだから、毎日の生活が楽しいはず。今のようにべらぼうな自殺者がいるということは、多くの国民が自分の仕事を好きではないという証左ではないだろうか。

 そういう人たちにとって有効かどうかわからないが、私のような人間が仕事が好きになり、社会の中での自分の役割を自覚できるまでになったということは、まだ日本も健全な証拠ではないだろうか。

 巻末に私が崇敬する田口佳史先生から過分なお言葉をいただいた。どうやら私は江戸の人間の系譜をひいているらしいが、要するに好き勝手をやってきたまでのこと。そして、今でも好き勝手をしている。朝起きて、その日何をするかは自由だ。もちろん、アポイントがある場合は別として。

 100歳までは現役を続け、「多樂」をまっとうするというのが目下のライフプランである。

(100905 第188回 写真は『なにゆえ仕事はこれほど楽しいのか』の表紙)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ