多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 地下を旅してきた水

ADVERTISING

ココロバエ
美し人

地下を旅してきた水

2019.09.09

 自然の営みは、時間のスパンが人間と異なる。一口にいえば、かなり長い。長い時間をかけて、ゆっくりアジャストしている。それで平衡を保っているのだ。

 静岡県清水町に、大量の湧き水が出るところがある。柿田川の湧水地がそれだ。柿田川湧水公園でその清らかな湧水を見ることができる。

 湧水量は一日約100万立法メートル。ケタが大きすぎて、どれくらい多いのかわからない。東洋一という説もある。

 その湧き水、なんと富士山に降った雨や雪が地下の三島溶岩流に浸透し、30年近くかけてじっくりろ過され、地上に湧き上がっているのだという。なんという時間の長さ! なんという自然の調節機能!

 意識を凝らし、自分が雨になったつもりでイメージする。富士山に降ったあと、徐々に地下に沁み込み、岩の間の微妙な隙間を流れ、少しずつ下ってくる。途中、行く手を阻まれる断層があったり、固い岩があったり……。それでもあきらめない。気の遠くなるような時間をかけ、岩のなかを進む。一日に進む距離はわずか数センチかもしれない。それでも前へ進む。「千里の行も足下より始まる」である。

 清水町あたりまで下ってきてから地上に上がるための仕掛けはわからないが、間断なくボコボコと湧き出る様子を見ると、自然の力は想像を絶するとあらためて思い知る。湧水に撹拌され、砂が渦を巻いている。

 地下を抜けてくるため、水温は年間を通じ、約15度。そのため、湧水地の近辺は夏でも涼しい。まさに天然のクーラーである。

 日本には、まだ見ぬ素晴らしいところがある。名の知られた観光地ばかりではなく、自分が心底感動できる場所を探すことも楽しみのひとつであるし、その人のセンスを発揮できるポイントであろう。

 

『父発、娘行き』発売中

https://japanist.shop-pro.jp/?pid=142897430

 

『葉っぱは見えるが根っこは見えない』発売中

https://www.compass-point.jp/book/happa.html

 

「美し人」公式サイトの「美しい日本のことば」。日本人が忘れてはいけない、文化遺産ともいうべき美しい言葉の数々が紹介されています。

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

(190909 第930回)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ