多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 宙に浮かぶ舟の瞑想空間

宙に浮かぶ舟の瞑想空間

2019.06.29

 前回に続き、神勝寺の話題を。

 神勝寺は、禅の理想郷だと書いたが、なんといっても特筆すべきは、彫刻家・名和晃平氏が監修した奇抜な瞑想空間「洸庭(こうてい)」であろう。

 レセプションも兼ねた松堂で入園料(1,200円)を払い、庭内に入って左へ曲がり、坂を上がったところに多宝塔がある。その先の橋を渡ると、正面に奇妙な形の建物が見える。
 それが洸庭だ。全体をこけら葺の木材で包んだ舟型の建物が、石の庭の上に浮かんでいる。

 なぜ、舟の形? もちろん、開基者が造船会社の経営者だからである。

 建物の周囲を周ってスロープを上り、アプローチから舟に入る。まばたきをする間もなく、漆黒の暗闇に包まれる。日常生活で、まったく光のない、無明の空間はない。25分間、この暗闇のなかに座るのである。

 真っ暗闇に覆われると、瞬時にして体内のセンサーが働くのがわかる。生き物にとって、暗闇に身をおくのはかなり危険な状態だ。意識を最大限に研ぎ澄まし、目を凝らす。すると、ほんの微かにだが、光の粒が見える。徐々に明度が上がると、波をたてながら水面(みなも)が広がっているのがわかる。照明は微妙に変化し、水面の動きをとらえる。

 覚醒と緊張の連続。その果てに、瞑想への境界があることに気づく。25分は、またたく間とも長い時間とも感じられた。

 洸庭を出ると、おびただしい光に包まれる。

「そうか、ふだん、こんなに光を浴びているのか」とあらためて思う。奇跡的なことなのに、ふだん忘れがちなこと。それを再認識することが禅の本質でもある(と思う)。

 庭の奥には中根金作の枯山水がある。そこで、瞑想の続きを楽しむもよし、チンアナゴのようなオブジェが土のなかからニョキニョキと顔を出している庭を楽しむもよし。あるいは、なんにも感じなくてもよし。いずれにしても、禅にふれることによって自由な境地に至ることが肝要だ。

 こだわりのある人は、「あんなの邪道だ」と言うかもしれない。しかし、それこそ、こだわり=執着であろう。そういうことを言う人は、案外、禅から遠く離れた人だ。

 私は、大仕掛けの瞑想空間に盛大な拍手をおくりたい。

 

拙著『結果をだす男 中田宏の思考と行動』発売中

https://japanist.shop-pro.jp/?pid=142897430

 

拙著『葉っぱは見えるが根っこは見えない』発売中

https://www.compass-point.jp/book/happa.html

 

「美し人」公式サイトの「美しい日本のことば」をご覧ください。その名のとおり、日本人が忘れてはいけない、文化遺産ともいうべき美しい言葉の数々が紹介されています。

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

(190629 第912回 写真上は洸庭。下はアプローチ)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ