多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 日本美術院の夢

日本美術院の夢

2010.01.09

 生まれてこの方、初詣というものをしたことがない。少なくとも記憶にはない。除夜の鐘もかれこれ十数年聞いていない。

 そんなことで『Japanist』編集長が務まるのか、とお叱りを受けそうだが、そのかわり、最近は正月恒例のコースが定着した。ル・ランベール(というレストラン)〜天心記念五浦美術館〜天心の湯〜六角堂というコースだ。

 今年は美術館の周りをぶらりと散策していて、かつて日本美術院があった跡地を見つけた。断崖の上にあり、太平洋が見渡せる絶好の位置にあった。

 明治31年、岡倉天心は手塩にかけた東京美術学校の校長を解かれ、追い出されるが、横山大観、下村観山、菱田春草、木村武山ら精鋭を率いて五浦に都落ちし、そこに日本美術院を設立した。それが近代日本美術の発祥となったことは多くの人が知るところだ。

 その時、天心の心はいかばりだったろう。悔しくて眠れぬ夜もあっただろう。

 しかし、それらをぐっとこらえ、彼でなければできない運動を起こした。

 

 その地に立って太平洋を臨み、そんなことを想った。

 

 私は縁起かつぎとか宗教行事などとは縁がない男だ。

 前述のように初詣もしないし、クリスマスにもまったく関心がない。厄除けは1回もしないうちに平穏に時を重ねた。社屋が竣工する直前、風水に詳しいクライアントから、「高久さん、この建物は玄関が鬼門だから今すぐ工事を中止して設計変更をした方がいいですよ」と強く奨められたが、まったく意に介さなかった。それでも今までつつがなく事業は続いている。結婚式の日を決める時も、仏滅なら安いからその日がいいと主張したほどだ。

 しかし、日本の自然に八百万の神々があることは信じているし、先祖の霊魂が私を護ってくれていると本気で思っている。

 ときどき、自分の祖先をたどると、いったいどこまで遡れるのだろうと思うことがある。少なくとも縄文時代までは遡れるはずだし、その先も岩や木からいきなり人間になったわけでもあるまいから、ずっと遡れるはずだ。そう考えると、私の血脈は坂上田村麻呂や戦国時代や幕末を経験しているはずである。地理的な条件を考えると、足利尊氏に従軍し、各地を転戦したかもしれない。

 もちろん、事実はわからない。しかし、今ここに自分という命がある以上、遙か昔とつながっていることは厳然たる事実である。昔は長い距離を移動することは難しかったから、その土地で起こった戦などには否応なく巻き込まれていたはずだ。それでも、こうして自分という命がある。自分の中にはっきりと感じられる心性、すなわちいくばくかの正義感、こだわり(あるいは頑固さ)、楽天性などは自分特有のものではなく、遙か続く血脈から成っていると確信する。それがありがたいのである。

 だから、ことさら宗教行事などに関心を示さない風であるが、いつも日本の神々の存在を感じようとしているし、先祖の霊には手を合わせる。それだけは欠かせない。

(100109 第142 回写真は日本美術院跡地から見た太平洋)

 

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ