多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > なぜ赤くなるのか

なぜ赤くなるのか

2018.12.26

 前回は白について書いたが、今回は紅葉について。 

 年も押し迫っているというのに、いまだ新宿御苑のモミジはこんなに色づいている。赤やオレンジや黄色や黄緑などが絶妙に折り重なり、多くの人を惹きつけている。走ったり歩いたりしながら、こういう美しい光景に出会うと、大金を拾ったかのような錯覚を覚える。

 だが、「待てよ」と思う。あらゆる生き物は無駄なことはしない。形、色、匂い、時期、場所など、すべてに意味があるはず。「なんとなくこうなった」とか「偶然にこうなった」というのはない。彼らには魂胆があるのだと思う。

 では、これらモミジはいったいどんな魂胆を秘めて赤や黄色になっているのだろうか。

 こういう色に変化することによってメリットがあるからだろう。メリットとは生きるため、あるいは子孫を残すため。ほぼその2つに収斂するはず。けっして、人間を楽しませるために余興でやってみました、という類のものではない。

 考えた結果。よくわからない。考えても考えても、納得できる理由が思いつかない。

 そこでいったん、答えを留保する。

 反則技だが、ネットで調べてみる。すぐ答えを得ようとするのは現代人の悪い癖だが……。

「森林・林業学習館」というサイト

https://www.shinrin-ringyou.com/topics/kouyou2.php

に次のような記述があった。

 ――赤い色素が樹木を守る。葉緑体の殻から飛び出した緑色の色素(=クロロフィル)は、おもに青色の光を吸収して有害な物質(=活性酸素)をつくり、植物の細胞組織を破壊していきます(=光酸化障害といいます)。そのため、青色の光をさえぎることができれば、有害な物質の生産を阻止することができるのです。そこで登場するのが赤い色の色素(=アントシアニン)です。赤色の色素は青色の光をよく吸収するからです。ちょうど部屋が赤いカーテンで覆われたようなもので、葉の中は赤い世界になります。青い光を受けなくなると有害な物質(=活性酸素)もあまりつくられず、次の春に葉を出すための養分を十分に取り込み、蓄えることができるのです。

 私たち人間にとって、紅葉は秋の風物詩ですが、植物にとっては、いわば「かきいれ時」の繁忙期なのかもしれません。

 

 なるほど。そうなのか。

 でも、知人はこうも言った。

「たくさんの人に見られて恥ずかしくて赤くなっているんじゃないですか」

 こういう考え方もアリかも。

 

「美し人」

美の生活化―美しいものを人生のパートナーに

 

※悩めるニンゲンたちに、名ネコ・うーにゃん先生が禅の手ほどきをする「うーにゃん先生流マインドフルネス」連載中。第34話は「言葉は凶器にもなる」。

https://qiwacocoro.xsrv.jp/archives/category/%E9%80%A3%E8%BC%89/zengo

(181226 第867回)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ