多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > よくわからない感覚

よくわからない感覚

2018.11.28

 再び高尾山へ。

 この時期は紅葉シーズンとあって、人がごった返し。人の波を眺めながら、美しく色づいた木々の葉を堪能した。

 高尾山の魅力は先日書いたからいいとして、あらためて思ったことがある。山腹にある薬王院の御本社で参拝したあと、コンクリートでできた階段の手すりに目をやると、「ヤクルト、ヤクルト、ヤクルト……」と、太くて赤い文字が「これでもか!」という具合に並んでいる。よく見る光景だから驚く人は少ないかもしれない。しかし、あらためて見ると、笑みがこぼれる。なんと日本の寺院はおおらかなのか。言い換えれば、節操がないのか。「お金を出してもらったから名前を出しています」という感じがありありだし、そもそも景観上、はなはだよろしくない。社殿は精巧な技術で作られているのに、端々は新聞折込のチラシのようである。カトリックの教会では絶対にありえないだろう。

 この感性こそが日本人だ。仏はとことん大衆的で、カネにまみれていてもいっこう気にしない。

 私もこういう感覚がわからないではないが、正直なところを打ち明ければ、「いいかげんにしてくれないかな」である。もうちょっとやり方があるだろうに、と。美しく整いすぎた空間は、人を圧迫するということはわかる。だとしてもなぁ、と。

「いいんじゃない? そんなこと」とカズオさんなら言うだろう。

 ま、いいか。

 

「美し人」

美の生活化―美しいものを人生のパートナーに

 

※悩めるニンゲンたちに、名ネコ・うーにゃん先生が禅の手ほどきをする「うーにゃん先生流マインドフルネス」連載中。第32話は「褒め言葉は%0%に、苦言は150%に」。

https://qiwacocoro.xsrv.jp/archives/category/%E9%80%A3%E8%BC%89/zengo

(181128 第860回 写真上は高尾山の薬王院本殿前の階段脇。下は頂上の紅葉)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ