多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 白神の母なる木

白神の母なる木

2009.11.11

 木村さんのリンゴの木を見た翌日、弘前から白神へと向かった。地図を頼りにして行けばよかったのに、ナビを頼ってしまったばかりに、とんでもない悪路に踏み込んでしまった。でこぼこの道を延々3時間以上も走らなければならなくなったのだ。

 私の愛車は悪路にまったく不向きだ。少し大きめの石があると、派手に車体の下にぶつかる。その都度、大きな音がして、まるでこの世の終わりのような悲鳴に聞こえた。

 「申し訳ないねえ、こんなとんでもない道に連れ込んでしまって。あとで、たんと美味しいガソリンを食べさせてあげるからなんとか耐えてくれないか。デザートだって、好きなだけ食べていいぞ。もちろん、帰ったら隅々まで磨いて撫でてやる。だから、もう少し我慢しなさい」とかなんとか言いながら、セカンドかローでノロノロと進む。後続車がしびれをきらして追い抜いていく。一般道路ではありえない事態である。

 満身創痍になりながら、エッチラオッチラと走っていると、「マザーツリー」という案内板が目に入った。その名の如く、ブナの大木がすぐ近くにあるという。どろどろになった哀れな愛車を止め、森に分け入った。

 

 屋久杉を実際に見たことはないが、写真で見る限り、樹肌はゴツゴツしていて、いかにも老人の風情だ。樹齢は数千年。それに比べて、マザーツリーは約400年。ブナだからということもあるが、樹肌もまだまだスベスベしている感じで、若い印象だ。直径は約150センチ。森の中にあって、明らかに図抜けた太さだった。

 そうか、これが母なる木なのか……。

 それにしても美しい。曲線を帯びた幹とバランスよく張り出した枝。やはり自然の造形力は人間の比ではない。見事である。

 それなのに、この木に名前を刻む輩がいた。成田行●と読める。神をも畏れぬ不届き千万なヤツ。どうせ、ろくな死に方はしないだろう。

 

 ところで、なんでも都合よく解釈する高久は、「なんとなく」あの悪路に迷い込んだこと、速度を出せないクルマに乗っていたために「マザーツリー」の案内板を見つけたことなどを総合的に勘案し、どうやら母なる木が私を呼び寄せたのではないか、と思っている。もちろん、根拠はないし、あの木に会わなければならない特別の理由もない。

 でも、会えて良かった。それだけはまちがいない。

(091111 第127回))

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ