多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 大前研一とサボテン

大前研一とサボテン

2009.10.03

 先日、中田宏氏と大前研一氏の対談に立ち会った。『Japanist』第3号に掲載するためである。

 大前さんはどの角度から見ても自信の塊で、ひとことで言えば、「自尊と信念の牙城」。自らの思考と行動にいささかの疑念ももっていないと見受けられる。それは気持ちいいほどに。自信がそのまま白鵬関になったとでも言えばわかりやすいだろうか。

 対談が始まるやいなや、立て板に水のごとく言葉は溢れ続け、2時間半というもの、さしもの中田さんもほとんど聞き役に徹していた。

 その時、大前さんが言った言葉が印象的だ。ただ救済するだけでは自立した社会にならない。機会を平等に与え、ダメだったら切り捨てると言える勇気が必要だ、と。それでも立ち直れなかったら、最後は国家が最低限の生活保障をすべきである、と。

 今の日本は、その真逆だ。なんでもかんでも手厚く保護している。それなのに、「格差社会」だと糾弾され、もっともっと手厚くしてほしいとシュプレヒコールをあげられている。

 ほんとうにそうだろうか。ますます誰かに依存する癖が強くなり、結果的に「共倒れ」への道を歩むことになってはいないだろうか。

 

 大前さんの持論を証明するような光景に出くわした。我が家の駐車場の隅でのことだ。これには本当に驚いた。腰を抜かすまでには至らなかったが、アゴがはずれてしまった。

 なんとコンクリートの上に玉石を敷いただけのところに勝手にサボテンが自生しているのだ。しかも、サボテン用の土を使った鉢植えのサボテンよりずっと大きい(写真がそれ。左が自生、右が鉢植え)。

 これこそまさに、「救済しないがための強さ」だろう。

 

 こんなことを言うのもナンだが、自分を投影して見てしまった。

 私はたぶん、勝手に生えたサボテンの方だ。社会人になってからというもの、保護された覚えはない。雑誌を発行しているためか、私を資産家だと勘違いしている人がいるが、とんでもないことだ。会社の資本金もすべて自分で出しているし、特別な人がバックについているわけでもない。

 資格といえば、車の普通免許と珠算6級しかない。後者に関しては「資格とは言えない」と知人から強い抗議を受けた(3回目の挑戦でようやく手にした資格なのだが……)。

 従事する広告の企画・制作業はなんら資格が必要ない反面、な〜んにも保護されていない。つまり、「勝手にやってくれ」という世界だ。出版業にも資格はいらない。もちろん、役所から仕事をもらっていないのは言うまでもない。

 デザインも文章も専門学校や大学で学んだわけではない。そもそも大学など行っていない。

 それでもなんとかなっている。自分が何かをやらなければ食べていけないという危機感があったからだ。

 

 これをしてほしい、もっと補助金をくれ、格差はいけないなどと寝言を言っている暇があったら、ちょっとはこのサボテンを見習ったらどうだ。社民党や国民新党と組んだ民主党の致命的な判断ミスにより、ますますこの国は依存社会になっていくだろう。

(091003 第120回)

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ