多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > フランク・ロイド・ライトの記憶

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

フランク・ロイド・ライトの記憶

2018.05.05

 フランク・ロイド・ライトという名を知ったのは、中学2年生の頃だ。サイモン&ガーファンクルの傑作アルバム『明日に架ける橋』の中に、「フランク・ロイド・ライトに捧げる歌」という地味な曲があった。ガーファンクルが歌うこの曲は、当時の私にとって退屈だった。他のナンバーが充実していただけに、淡白で平板という印象が強かった。

 と、それはさておいて、フランク・ロイド・ライトとは誰か? と思った。今のように、ネットですぐに調べられる世の中ではない。疑問のまま放置していたが、ある時、知ることになる。あの旧帝国ホテルのライト館を設計した建築家だということを。

 旧帝国ホテルのライト館はさまざまな意味において、斬新だ。それまであまり建築用材として使われていなかった大谷石を多用し、他のどの建築物とも異なる容姿を得た。大谷石だからか、石の冷たさを感じさせない、見事な空気を醸した。

 落成記念披露宴の当日、関東大震災に見舞われたということが劇的だ。しかも、震災に遭っても、ほとんど無傷だったという。

 現在、このライト館の一部は、愛知県犬山市の博物館明治村に移築されている。

 

 明治村はかなり前から行ってみたい場所だった。歴史的な建造物が一堂に集められているのだ。聖ザビエル天主堂、森鴎外・夏目漱石住宅など、見どころは満載。三重県庁舎は旧内務省庁舎を参考にしたということだから、昔日の内務省庁舎をも彷彿とできる。敷地内には、70ほどの物件が絶妙なバランスで配置されている。

 戦後高度経済成長にともなって、多くの名建築が消滅の憂き目にあった。明治村に保存されている建築物は、難を逃れた一群でもある。

 もう一度訪れて、じっくり見てみたいと思っている。

 

※悩めるニンゲンたちに、名ネコ・うーにゃん先生が禅の手ほどきをする「うーにゃん先生流マインドフルネス」、連載中。今回は「成果があったときの落とし穴」。

https://qiwacocoro.xsrv.jp/archives/category/%E9%80%A3%E8%BC%89/zengo

(180505 第809回 写真は旧帝国ホテルライト館)

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ