多樂スパイス

花の強さ

2009.08.28

 わが家の塀と道路の境に、一輪の白いユリが咲いている。

 どう見ても、植物が育つような環境ではない。塀はコンクリート、側溝の蓋もコンクリート。西側なので、ほとんど日も当たらない。それでもキリッと咲いている。

 見事なものである。

 たぶん、カラスか何かが種を落としていったのだろう。風で飛んできたとは思えない。かなり広い住宅団地だから。

 

 この健気なユリを見ていたら、人間というのは本当に弱いなと思えた。すべて条件が揃っていないと満足しない。いい家柄かどうか、いい学校かどうか、優良企業かどうか、収入はどれくらいか、背は何センチか……、条件などその人の人生を決定づけるものではないのに、血眼になって条件を追い求める。

 それに比べて、このユリはどうだ。日当たりとか土の質がどうとか誰が見てくれるかなど、まったく眼中にない。潔いものだ。

 

 もうすぐ総選挙。各党の出したマニフェストを見ると、「条件」だらけ。この国の将来のため、こういうことをともにやっていこう! というメッセージは皆無。国家の安定的な発展のため、有権者にビジョンを示すのは政治家の最低限の役割なのに、保身ありきなのでエサをばらまくことしか念頭にない。

 今、国家全体の税収のうち、約半分が国債などの利払いに消えるという。

 半分が利息だって……。年収500万円のサラリーマンが250万円の利息を払い、しかもそれが年々増えるとしたら、どうなると思う? 子どもだって答えはわかる。破綻しかありえまい。

 社民党は「生活第一」という。それは裏を返せば、社会のことより「自分が大事」と言っているにすぎない。自民党の批判には忙しいが、北朝鮮労働党の批判はしない。友党だからね。

 共産党は国旗さえ認めないという。

 選挙は民主党の圧勝に終わるだろうが、民主党はほんとうに危うい。この国を滅ぼそうと企んでいる左翼勢力が一気に増長するだろう。日教組も息を吹き返すかもしれない。国旗を切って、平然としている党首がいる党だからね。

 かといって、自民党の時代が終わったことは明らか。血管の中の血液がバキバキに固まってしまったような状態。

 ほんとうにどうなってしまったんだろう、この国は。

 このユリに訊いてみたいよ。

(090828 第112回)

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく陰陽相和す中庸を求める

■本は永遠の師匠

バルザック、ユゴー、デュマなど19世紀フランス文学からヘミングウェイ等の20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

バッハ、モーツァルト、ベートーヴェンの御三家からワーグナーまでのドイツ音楽、フランク、ラヴェル、フォーレなど近代フランス室内楽、バルトーク以降の現代音楽まで、あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■映画は総合芸術だ

『ゴッド・ファーザー3部作』などのマフィアもの、『ニュー・シネマ・パラダイス』、黒澤明のほぼ全作品、007シリーズ、パトリス・ルコント監督作品など、こちらも雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■歴史上の尚友

尊敬する偉人の双璧は、大久保利通と徳川家康。他に幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介。理想主義者、ロマンチストより結果を出したリアリストを評価する

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■隠れ目標

死ぬまで同じライフスタイル

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■追記

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす。かなりの猫好き(愛猫・海=2019年没)、2019年9月、「じぶん創造大学」を設立し、自ら入学(生徒数1名)

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ