多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 桜、サクラ、さくら

ADVERTISING

ココロバエ
美し人

桜、サクラ、さくら

2017.03.29

 いよいよ春到来。

 春在一枝中(春は一枝中にあり)。いまかいまかと気配を窺っている植物たちは、わずかに感じ取れる春の兆しに反応する。その感知能力はみごとなものである。便利になり過ぎて、鈍感になってしまったわれわれ人間には及びもつかない能力である。
 4月という月は、私にとって重要な月だ。この世に誕生したのは58年前の4月であり、事業を興したのは30年前の4月である。家族をはじめ関わりの深い人も4月生まれが多い。愛猫・海(うーにゃん)が生まれたのも18年前の4月だ(おそらく)。愛車がやってきたのは10年前の4月、『Japanist』を創刊したのは8年前の4月だった。
 とくだん意図したものではない。偶然、節目が4月になっているのだ。おそらく私の中にある野性が無意識のうちに求めた結果なのだと思う。
 今年は開花宣言が出された後、寒い日が続き、満開にはほど遠い。それだけに「4月に満開」という、私が願っている状態になりそうでワクワクしている。

 

 桜といえば、西行だ。

 

ながむとて花にもいたく馴れぬれば 散る別れこそ悲しかりけれ

 

春風の花を散らすとみる夢は さめても胸の騒ぐなりけれ

 

願はくは花のしたにて春死なん そのきさらぎのもちづきのころ

 

 望んだ通り、西行は釈尊涅槃の日(陰暦の2月16日)に入寂した。
(170329 第710回 写真上は新宿御苑の桜の幹に生えた新芽。下は東京ガーデンテラス紀尾井町の桜。開花はもうすぐ)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ