多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 月山にて我思ふ

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

月山にて我思ふ

2016.09.08

月山への道 悪天候のため、登頂を断念した昨年の雪辱を果たした。出羽三山のひとつ、月山である。

 ずっと、天気予報は雨だったが、台風が過ぎ去った後、天気図が変わり、当日は快晴となった。とはいえ、登る途中は右写真のように分厚い雲に覆われることもあった。下山途中から強い雨に見舞われもした。しかし、そういった、めまぐるしく移り変わる天候もまた心地よい。
 それにしても、月山は登りがいのない山だった(笑)。修験者が登る道を行けば、それなりに厳しいのだろうが、通常の登山ルートはハイキングコースに毛が生えた程度である。
 往復約5時間。万華鏡のように千変万化する空模様を楽しみながら歩いた。こういう時間が浮き世の垢を落としてくれる。「さあ、いっちょう仕事やったるか!」と思いを新たにしてくれる。

 日常のルーティンが大切というのは、いやというほど思い知っているつもりだ。コツコツと努力を重ねること以外、上達の道はない。スポーツでも芸術でも職人芸でも会社経営でも、なんでもそうだ。しかし、毎日毎日同じことをしていればいいかといえば、そうではないような気がする。ハレとケの「ケ」ばかりではいけない。工夫をして、「ハレ」の時間もつくることも大切だ。おそらく全国いたるところにある祭りは、そういう意味があるのだろう。
月山神社 例えば、自宅と会社の往復だけで一年を過ごすとしたら、その人の感性はすでに干上がっているはずだ。慣れ親しんだ行動パターンに安住すれば、人間は鈍化する。
 しかし、どのようにハレの時間をつくるのか、それを教えてくれる人はいないし、そもそも自分で考えなければ面白くない。
 ひとことで言えば、「好奇心」だろう。好奇心を失ったら、その人は年齢にかかわらず、すでに老人だ。心が渇き、遠からず体も乾くにちがいない。
 人間関係も日常生活も、「馴れ合い」こそ魔物と心得よう。
(160908 第663回 写真上は月山へ登る途中。下は頂上にある月山神社)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ