多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 辞世の句をかな書きで

辞世の句をかな書きで

2016.07.03

多美男のうた「髙久さんの好きな歌を教えてください。かなで書きますから」

 今年の2月、大阪にお住まいの木下直子さんからメールが届いた。木下さんは『Japanist』に「温故知新の旅」という、自身の文章をかなで書いた作品を連載されている。通常、すでにある歌を書く書家が大半だが、木下さんは〝自身の〟長い歌を書き、それを「やまとかなうた」と名づけておられる。
 さて、好きな歌?
 けっこう、たくさんある。ほとんどは西行だが、これひとつというのは難しい。であれば、私も自分の歌を書いてもらおうと思った。
 あれこれ検討した結果、以前書いた歌を手直ししたものを送った。もちろん、辞世の句として書いたものだ。

 

 われに問ふ いづくへ向かふ わが身かな まだ得ぬ心地 楽しからまし

 

 この先、どこへ向かっていくのだろう? わからん。しかし、わからないからこそ、どんなことが待っているのか楽しいのではないか。そんな内容だ。
在原業平 木下さんは先日、はるばる上京され、書き上げた作品を手渡してくれた。
 初めて『Japanist』を読んだ時、共感した人(山田宏さん、中田宏さん、近藤隆雄さん、神谷真理子さん)をイメージした句も含め、全部で11作もあった。最後は「君が代」だ。
 私はこれまで独立書人団系の少数漢字書を中心に親しんできた。が、かな文字の美しさはまた別格だとも思っている。流れるような筆跡は、漢字にはないものだ。料紙という、詩歌を書くための紙そのものも美しい。こういう文化が、はるか1000年以上も前に確立していたというところもこの国の奥深さだ。
 いまさらかなを書で書くのはできないが、辞世の句はその気になれば、いくらでも詠むことができる。稚拙でもいいのだ。自分の思いが込められていれば。
 ぜひ、皆さんも辞世の句を詠んでください。
(160703 第647回 写真上は拙作、下は在原業平作「ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは」)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ