多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 日本の演劇を背負い続けて

日本の演劇を背負い続けて

2016.06.09

浅利-中田対談 次号『Japanist』の巻頭対談は、演出家の浅利慶太氏をお迎えする。慶應高校在学中の昭和28年に、俳優の日下武史さんや照明家の吉井澄雄さんらとともに「劇団四季」を旗揚げし、長く日本の演劇界の第一人者として活躍している。

「演劇を半年続けると、狂ってしまう(その世界から足抜けできなくなる)」というような意味の言葉が印象的だった。「乞食と指揮者は3日やったらやめられない」とも言われるが、ある集団を統率し、ひとつの世界を築き上げていく歓びは格別のものがあるのだろう。
 劇団設立当初、ドイツからオペラを招いたこと(フィッシャー・ディースカウやカール・ベームが来たという!)やブロードウェイのミュージカルに関すること、『李香蘭』など独自の演劇活動など、短い時間であったが興味深いエピソードを聞くことができた。
 彼もまた気骨ある日本人である。ブロードウェイミュージカルに敬意をはらいつつ、オリジナルの作品を生み出し、日本のエッセンスを伝え続けている。
 ところで、私は全般的に芸術が好きだが、舞台ものには疎い。かろうじてオペラに親しんでいる程度で、演劇、歌舞伎、能、狂言、落語などにあまり縁がなかった。
 これを機に、演劇に親しもうと思っている。手始めに浅利氏演出の『この生命 誰のもの』(自由劇場)を見る。
(160609 第642回 写真上は浅利慶太氏と中田宏氏。浅利事務所の稽古場にて。後ろの写真は李香蘭)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ