多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 命の最期の灯をとらえた、魂の絵

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

命の最期の灯をとらえた、魂の絵

2016.03.09

歴史博物館 画家であれば、生涯に一枚でいいから後世に残る作品を描きたいと思うだろう。

 

 五姓田義松という画家のことは、最近知った。ゴセダヨシマツと読む。前回の小欄で大久保利通に関する本を集中的に読んでいると書いたが、『大久保利通の肖像』という本の装画を描いた人が五姓田だった。線描ながら、人となりを的確にとらえ、顔の周りに容姿の特徴をびっしりメモしている。なるほど画家というのは、これほどまでに細部を丹念に見ているのかと感心することしきりだった。
 絶妙のタイミングとはこういうことを言うのだろう。NHKの「日曜美術館」で五姓田が取り上げられたので見た。
 凄まじいほどの描写力で若い時分に国内最高峰まで登りつめ、フランスへ渡る。明治のはじめ、まだ日本人で洋画をものにした人はいない。五姓田はその先駆けになるはずだった。そう、黒田清輝や高橋由一よりも先に。
 ところが、陰鬱な作風が時代のニーズと合わなかったのだろうか。世は、印象派まっさかり。ルノワールやシスレーなどの絵に馴染んでいる人たちにとって、五姓田の作品は暗く、冴えない絵に映ったかもしれない。
 そんなわけで、五姓田の後半生は失意の連続だったが、時代のニーズがどうあったとしても、いい作品は後世に残る。
 ずっと援助の手を差し伸べてくれた大切な母が亡くなる前の日に描いた『老母図』を見たいと思い、横浜にある神奈川県立歴史博物館を訪れた。
老母図 あったあった。郷土の資料が並べられた展示室の奥のショーケースの中に、無造作に置かれていた。
 想像していたものよりはるかに小さなサイズだった。しかし、描かれていた老母は、まさに命の火が燃え尽きる前の一瞬の姿だった。目は虚ろだが、たしかに息子の姿をとらえている。やせ細った喉や腕、黒ずんだ皮膚の色、枕に投げ出された髪の毛など、すべてが怜悧な筆致で描かれている。自分を産み、育て、愛してくれた母の最期を看取る五姓田の狂気が伝わってくるようだ。
 この絵を見た衝撃は、生涯私の脳裡に刻まれるだろう。
 やっぱり本物を見なきゃダメだ。そう教えられた。
(160309 第621回 写真上は神奈川県立歴史博物館、下は五姓田義松作『老母図』)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ