多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > ニッポンに赤はよく似合う

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

ニッポンに赤はよく似合う

2008.06.14

 ついに船村徹氏の本ができた。すでに予告していた通り、タイトルは『ニッポンよ、ニッポン人よ』。

 それからもわかるように、日本人への熱いメッセージをまとめた本である。

 サイズは205×205mmの正方形。光沢のある赤を背景に日の丸がはためいている。カバーをはずすと、インナーカバーは畳の写真。思いっきり和風だ。

 見返しをくると、封筒が現れ、船村徹氏が畏友・故高野公男に書いた直筆の詩が入っている(もちろん、印刷だが)。これで税込み2,100円。高いか安いかは人それぞれだろう。少なくとも、聞き書きをした当人としては、安い買い物だと思う。

 世界史を見渡せば、繁栄を究めた国は、必ず衰退への道を歩んでいる。前回の小欄でも書いた小川三夫氏は新著『棟梁 小川三夫』の中でこう言い切っている。

──組織は一度は栄える。しかし必ず腐り始める。いつまでも俺が棟梁ではあかん。一番腐るのは上に乗ってるリーダーからや。今度は俺が席を譲る番や。

 なるほどそうだと思う。今の自民党を見るがいい。久間みたいな利権を絵に描いたような政治家がわんさといる。あれでは、なんにも変わらない。何十年も既得権益にしがみついていた人たちが、自ら改革などできるはずがない。少しは小川さんを見習え! と一喝したいが、彼らにそういう声は届かないだろう。なにしろ、聞く耳というものがからっきしないし、欲の皮が象皮のように分厚くなっているのだから。

 おっと、話がそれてしまった。本の話であった。

 船村先生への取材中、何度も顔をしかめられたのが印象的だった。戦後の焼け野原を親友と歩きながら夢を抱き続け、やがて夢を成就させた方から見る現代のニッポン人は、かなり異様な姿なのだろう。自分が好きな国がこういう姿になるのを見なきゃならないというのはつらいもんだよ高久さん、とおっしゃっていた。

 だからこそ、こういう本が仕上がった。

 聞き書きという大役を与えられたことに、深く感謝いたします。

 さて、読者の皆さん、右の私のプロフィール欄をご覧ください。これみよがしに赤い表紙が配置されていますね。その表紙をちょこんとクリックしていただければ、簡単にこの本を入手することができます。ぜひ、ためしてください。

(080614 第53回)

 

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ