多樂スパイス

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

意識と無心

2015.12.09

イチョウの紅葉 秋から冬に変わるのは、あっという間だ。幾日か目を離していると、葉が色づき、おびただしい落葉が地面に重なっている。

 以前は冬の到来がたまらなく嫌だった。今でも好きではないが、前ほど嫌ではない。冬は冬で、風情があると思えるようになった。頭は冴えるし、熱燗の日本酒がさらに旨い(私は真夏でも熱燗で飲む)。

 最近、少しだけ学んだことがある。無心になるための秘訣だ。
 私は左膝の下に骨がぽっこりと出ていて、1分間以上の正座はできない。よって、坐禅はできないのだが、そのかわり毎日、禅の言葉を書き付けている。
 すると「無」という言葉がやたらと出てくる。とりわけ、無心という境地は目指すべき到達点のひとつであることはわかった。
 しかし、そのための道筋がわからない。無心になろうとしても、さまざまな思いが去来し、むしろ無心とはかけ離れていく。
 そのうち、おぼろげにわかってきた。努めて意識をすることだと。
御苑の紅葉 ぼーっとしていても無心にはなれないが、何かを真剣に意識して、ふと気づくと無心になっていることが多い。テーマはなんでもいい。俗っぽいことでも夢物語でも……。没頭没我の境地はその先にあるのだ。
 朝、ランニングをしている時に気づいた。呼吸のリズムを意識しながら、手足の動きを意識しながら走る。足の運びを右、左、右……と意識する。つまり、自分の体の動きに意識を向けるのだ。すると、その途中で意識がどこかへワープするのだろうか、他のことに没頭していることがある。
 以前、取材した洋画家の薄久保友司氏も言っていた。「意識して描くことが重要だ」と。ただ、無意識に描いても上達しないし、成果は得られない。じつは無意識と無心はまったく遠いところにあるのだ。
 そんなことを考えながら、今年一年をふり返っている。まだ3週間ほどあるが、今年も生まれてきてから最高の一年だったと思えることが嬉しい。
 それにしても、これほど鮮やかな紅葉を見せてくれているのに、俯いて歩いている人のなんと多いことか。歩きスマホ。うつ病が増える一方だというが、それもうなずける。と考えるのは短絡に過ぎるだろうか。
(151209 第599回 写真は新宿御苑の紅葉)

ADVERTISING

ココロバエ

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ