多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > どんなモノにも売り方がある

どんなモノにも売り方がある

2015.08.13

マムート 今回の奥穂高岳登山がうまくいった大きな理由として、前回、練習について書いた。もうひとつの大きな要因が靴を替えたことだ。 これまでの登山では、毎回足(特に右足)が痛くなった。後半は激しく痛んだ。ずっとやむをえないことだと思っていた。それをそのまま放置したのは、明らかに私自身の怠慢だ。
 靴に詳しい友人に連れられ、宇都宮のゼビオスポーツへ行った。売り場の人(40代女性?)の話を聞くうち、「もっと早く買い替えれば良かった」と思った。
 私の体型を一見するなり、その人は私の足の形を推定した。首が細い人は腰も足も細いという。そういえば、私の足の形が一般的な日本人のそれと異なるということは、その友人からも指摘されたことがある。
「高久さんの足に合う靴はイタリアの靴だけですよ」
 つまり、細長く、親指と小指の先端の斜度が強い。高い買い物をするようにできているのか。
 一般的な日本人は、極端に言えば、足の幅が広く、先端がほぼ同じ長さで揃っているというのだが、私はほぼ正反対である。たしかに、同行するカズオ氏の足はまさしくその形で、いわゆる「サリーちゃんの足」である。
「マムートが合うと思います」
 くだんの担当員はそう言った。スイスのメーカーだ。
 さっそく履いて試し歩き。山を模した傾斜のきつい「板の山」を昇り降りし、グリップなどをたしかめる。
 それまで履いていた靴を持っていたので、それに履き替えて違いをたしかめる。
 全然違っていた。そう言っていいくらい、感触が違っていたのだ。
 ──これならいける!
 強い確信とともに購入した。
 それが右上の靴である。
 オレンジが映える。思えば私は以前からオレンジが好きだった。
 最近はほとんど無彩色かせいぜいブルー系を選ぶが、久しぶりに暖色を選び、心が高揚した。色は大事な要素だ。
 どんなモノにも売り方がある。
 ちなみに、ゼビオスポーツは各ジャンルの売り場にそれぞれ詳しい人を配置している。専門性の高い商品は、いかに販売員がそれに精通しているかが問われる。もちろん、自身もそれをたしなんでいる必要性があるのは言うまでもない。
 当たり前だが、買い物によって重要なことを再認識した。
(150813 第571回 写真は購入した登山靴)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ