多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 書籍であり、美術品でもある

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

書籍であり、美術品でもある

2014.11.01

ブックケース入り 「日本の高級ホテルや高級旅館のライブラリーにこんな本があったらいいな」と話しながらイメージを膨らませた結果、『Japanist』の集大成版を編むこととなった。本の中身は、「これぞニッポン」といえる記事の数々。それを纏うのは「世界のエアロコンセプト」のブックケース。ジュラルミン製の精密なブックケースに収まった分厚い本をイメージし、胸が高鳴った。

 4月から編集が始まり、過日、ようやく形となった。当初はもっと簡単にできると思っていた。なにしろ、一度記事にしたものばかりだから。しかし、今までのバックナンバーから、主な記事を読み直してセレクトする作業だけで多くの時間と労力を割いた。基本的に、政治的なもの、数値の多い記事などは省いた。5年後でも10年後でも陳腐化しない本にしたかったからだ。しかし、少したつと他の記事と入れ替えたくなってしまう。その繰り返し。
 レイアウトをリデザインし、文章を何度も推敲した。そうこうするうち完成予定は大幅にずれた。だからこそ、完成したときの感動はひとしおだった。
 日本の本には素晴らしいものがたくさんあるが、美術品のような書籍はあまりない。本好きとしては、そういう本をつくってみたかった。それが実現したのだから本望である。と、ここで意外なことに気づく。本望とは、本が望むことなのか(ちがうだろう)。
Essence of J 表紙 さて、この本の価格97,200円(税込み)は高いか安いか意見が分かれるところだろう。エアロコンセプトの名刺ケースは3万円近くするのだから、このサイズのブックケース付きでこの価格は安いと言ってくれる人も実際にはいる。シリアルナンバーが刻印された限定950部で、全カラー512ページの豪華本なのだから、と。
 もちろん、そういう人は一握りだろう。一握りの人を対象に本をつくれるというのは、なんと幸せなことか。しみじみとそう思う。発行人の奥山秀朗氏に心より感謝。
(141101 第529回 写真上はブックケースに入った『The Essence of Japan』、下は表紙)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ