多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 「ベイシー」の濃縮密度

「ベイシー」の濃縮密度

2014.09.27

ベイシー外観 去る5月、不肖・私が主宰する多樂塾に、エアロコンセプトの菅野敬一さんの紹介で一人のアメリカ人が入塾してきた。正直、講義の内容は本質論ばかりで、人によっては「雲をつかむよう」な内容だし、まして外国人にどの程度伝わるだろうかと危惧していたが、無用な杞憂だった。

 そのネイザン・エルカート君(31歳)、一般の日本人以上に難しい日本語を読み書きし、日本の文化にも通じている。さらに礼儀正しいときたもんだ。
 イェール大〜東京工大で建築を学んでいたことから日本のゼネコンに入社したが、どうしても日本の企業の風土になじめず退職したばかりだった。
 その後、彼との交誼は続き、いまでは英訳の仕事を手伝ってもらうまでになった。次号『Japanist』から連載記事も始まる(もちろん、日本語で)。
 ところが残念ながらネイザンはアメリカへ帰国することになった。彼はオーディオ好きということもあるので、帰国する前に「日本でもっとも素晴らしいオーディオ装置」と言われている岩手県一関市の「ベイシー」というジャズ喫茶へ行こうとあいなった。
 ライブがあればなおいいなと思い、事前に電話をしてみた。
「今後のライブ情報を知りたいのですが」
「9月は○○、12月は○○」
 電話の相手はぶっきらぼうに答えた。
「その他にはないんですか」
 安易に訊いてしまった私が迂闊だった。少し間を置いた後、相手はこう答えた。
「うちはしかたなくライブをやってるんだよ。断れなくて。そもそもうちはレコードを聴かせる店なんだから」
 明らかに不愉快そうな声だった。
「ああ、そうでしたか。失礼しました」
 私はそそくさと電話をきった。
「レコードを聴いてもらう」ではなく「聴かせる」というところが泣かせる(笑)。
 というような経緯があったが、私は基本的にそういうオヤジが好きである。どこにでもいる人畜無害なオジサンより断然興味がわく。
聴き入るネイザン 店に入ると、大音量でジャズが流れていた。一瞬、ライブ演奏をしているのかと思った。もちろん、そうではなく、アナログレコードをかけていただけだ。薄暗い店の奥にドデカイJBLのアンプが鎮座しているのが見えた。箱はオリジナルで造ったのだろう。
 くだんのオヤジが水とおしぼりを持ってくる。「コーヒー2つ」と注文するが、ウンともスンとも言わない。もちろん、笑顔もない。どこへ行っても過度な接客をされている身には、逆に新鮮に映るから面白い。
 やがてコーヒーと勘定書を置いていった。ネイザンが勘定書を裏返し、「1000円×2」という走り書きを見てニヤリとする。ちなみにベイシーではコーヒーも缶ビールも1000円だが、それを高いと思うか安いと思うか、極端に意見が分かれるだろう。ま、そもそも高いと思う人はあえて岩手まで行かないと思うが。
「ちょっと店内を見てもいいですか」とネイザンが私に訊く。この場合は訊く相手をまちがっている。私は安易に「いいと思うよ」と答えた。
 店内のあちこちを見て回ったネイザンは2度ほどオヤジに叱られ、戻ってきた。いい帰国みやげになっただろう。
 それにしても素晴らしい空間だった。音がいいのは当然として、その音に合った空間に仕上がっていた。これは一朝一夕にできるものではない。事実、開店して45年ほどになるはずだが、オーナーである菅原正二さんの魂が隅々まで行き渡っていると感じた。

 ジョン・コルトレーンのヴィレッジ・ヴァンガードでのライブを聴いている時だった。リードを通してサックスに吐き出されたコルトレーンの息が、そのまま音色となって目の前で再生されていると本当に思えたのだ。「そこに!」コルトレーンがいると錯覚を覚えた。サックスの音は、生き物のようにふくらんだり縮んだりしながら波をつくっている。ピアノは硬質で、立体感がある。ベースはある一定のリズムとハーモニーをともなって自分を包んでくれるかのようだ。音というより、なにか得体のしれない「物体」が体中の毛穴を通して侵入してくるといった感覚だ。これにはネイザンも感服したらしく、「そろそろ出ようか」と言っても、「もう少しいいですか」と返ってきた。コーヒーと缶ビール1本で2000円也。あの音を聴けてこの値段は安いものである。
 レジで『聴く鏡』という菅原さんの著書を購入し、今、読んでいる。独特のクセのある文体で、読みづらいのだが、ときどき不意を突かれる文章がある。感性と信念が際立っている。
 本の帯にあるコピーがいい。
「趣味は面倒なものに限る。面倒は愉しみを持続させ、楽はアクビをさそうだけ」
(140927 第524回 写真上はベイシーの外観、下は音楽に聴き入るネイザン)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく陰陽相和す中庸を求める

■本は永遠の師匠

バルザック、ユゴー、デュマなど19世紀フランス文学からヘミングウェイ等の20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

バッハ、モーツァルト、ベートーヴェンの御三家からワーグナーまでのドイツ音楽、フランク、ラヴェル、フォーレなど近代フランス室内楽、バルトーク以降の現代音楽まで、あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■映画は総合芸術だ

『ゴッド・ファーザー3部作』などのマフィアもの、『ニュー・シネマ・パラダイス』、黒澤明のほぼ全作品、007シリーズ、パトリス・ルコント監督作品など、こちらも雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■歴史上の尚友

尊敬する偉人の双璧は、大久保利通と徳川家康。他に幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介。理想主義者、ロマンチストより結果を出したリアリストを評価する

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■隠れ目標

死ぬまで同じライフスタイル

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■追記

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす。かなりの猫好き(愛猫・海=2019年没)、2019年9月、「じぶん創造大学」を設立し、自ら入学(生徒数1名)

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ