多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > テリーのロボット型オーディオ

テリーのロボット型オーディオ

2008.03.02

 再び北原照久さんのネタでございます。

 過日、本のための2度目の取材に北原氏の事務所を訪れた。

 事務所は、横浜にあるブリキのおもちゃ博物館前のマンションにある。全部で何部屋あるかわからないが、この事務所も多くのコレクションで埋め尽くされているのは言わずもがなである。とりわけ目を引くのが、ロボットの形をした特注のオーディオ装置。写真の通り、5体ものロボットがオーディオ装置を内蔵してデーンと仁王立ちしている。

 まず、部屋に入るなり、北原さん(以下、テリーと記す)は新着のロボット型オーディオにつかつかと近寄り、それを購入した経緯を説明してくれる。オスカーとフィリップスを組み合わせたスピーカーは発注後、1年半かかってようやく到着したと言って、嬉しそうに音楽をかける。

 曲は、『レフトアローン』。

「どお? いい音でしょ?」

 なるほど、ええ音やなぁ。

「アンプはこれから作ってくれるって言うんだけど、また1年半くらいかかるみたいな話をしているよ」

 そりゃ、えらい長い話やなぁ。

 その後、2月に行われた自身の還暦パーティーの話に及び、あれが凄かったこれが凄かった、となかなか取材に入れるような雰囲気ではない。話が止まらなくて、それどころではないのだ。

 しかし、いつの間にか、本題に入っている。四方山話から取材にスーッと移行している。気がついたら、取材が始まっていたという感じなのだ。まさに理想的な展開と言える。

 今制作中のテリー本は「出会い」をテーマにしたものだ。人との出会いが人生を大きく変えてくれるということ。いや、それ以外に人生を大きく変えるものはないのかもしれない。自分だけで変わったように思えて、その実、そういうことはほとんどない。だいたい、誰かの影響によって、人間は変わっていくのだ。良い方向にも悪い方向にも。誰か、というのは、人それぞれだけど。

 タイトルはまだ決まっていない。そろそろ決めなきゃいけない時期だが、お互いに相手が決めてくれるものと思っている。本の体裁はほぼイメージが仕上がっているのだが、肝心のタイトルはいったい、いつ頃、どこから降ってくるのだろうか。わからない。ちょっとひねりたい気もするが、あまりわかりにくいのは御法度だ。さじ加減が難しい。

 それにしてもテリーの収集熱はいったいいつまで続くのだろう。たぶん、相当長生きするだろうから(根拠はないが、そうとしか思えない)、これから数十万点はコレクションが増えるだろう。それらをどうやって保管し、いつ、どのような形で展示するのだろう。あまりにもスケールが大きすぎて、想像さえできない。

 それから、こうも思った。いったい、毎日全国を駆け回っているテリーは、いったいいつ、あのロボット型オーディオで音楽鑑賞するのだろう。そんなことを思いながら、山手の坂道を下ったのである。

(080302 第38回)

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ