多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 月への恩返し。裕人礫翔さんの物語

ADVERTISING

美し人
ココロバエ

月への恩返し。裕人礫翔さんの物語

2014.02.22

裕人礫翔氏と 次号の『Japanist』のため、箔工芸作家の裕人礫翔氏(ひろと・らくしょうと読む)を取材した。

 礫翔氏は京都・西陣で父から継いだ箔工芸業に従事していたが、着物の衰退を目の当たりにして将来を憂え、40歳のとき、箔工芸作家として生きていくことを決意した。当時は離婚したばかりで2歳、4歳、8歳の3人の幼子を引き取ったばかりだった。

 超が3つつくくらい無謀だったと言っていいだろう。ただでさえ作家として生きていくことは困難だ。収入のあてもなく、3人の子供を育てていくことは並大抵のことではない。箔工芸の将来を憂えての決断だったのに、彼個人の将来はさらに憂えるべきものとなってしまった。

 その頃、夜空に浮かぶ月を眺めながら、彼はしみじみ思ったという。「見ているだけで、こんなに気持ちが落ち着くなんて……」。まるで母親の懐に抱かれるような安らぎを覚え、それまでの絶望感が少しずつ溶解し、希望の光が自分の心に差し込んでくるのを感じたという。

 「あの時の感覚をなんと言えばいいのでしょう。絶望の淵にいた僕を優しく包んでくれたのです。あの時、月が癒してくれたからこそ、少しずつ活力を取り戻すことができました。今、月をモチーフにして作品づくりをしているのは、月への感謝の気持ちをずっともち続けたいからでもあるのです」

 礫翔氏はそう語る。おそらく、その時が礫翔氏の2度目の誕生の時だったのだろう。以降、彼は箔工芸作家として一本立ちし、今は彼だけにしか表現できない世界に挑んでいる。そのあたりの詳しいことは、『Japanist』を読んでいただくとして……。

 月に慰められ、励まされ、生きる力をもらう。そして、そのことを忘れずに制作に励む。こんな昔話のような物語が現代に生きていること自体、まだこの国には美風が残っているのだと思う。

 「感謝の気持ちを忘れずに」。人はしばしばそう語る。しかし、それを実行できている人はどれくらいいるのだろう。もちろん、私自身もじつに心もとない。楽しく毎日をおくることができるのを当たり前とみなしている自分がいる。

 ほんとうは、なんの憂えもなく日々を過ごすことができるということ自体、奇跡に近いのかもしれない。長い人類史のなかで、そういうことが可能になったのは、ごくごく最近のことにちがいない。しかも、ごく限られた国々の……。

 植物に感謝することは日常のなかで定着した気がするが、月への感謝を忘れていた。そんなことも教えてもらった取材であった。

(140222 第488回 写真は裕人礫翔氏と高久。背後にあるのは彼の作品。私が正座するのは年に1度あるかないか。しかも1分もできない……)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ