多樂スパイス

行雲流水

2013.10.01

高尾山からの眺め 高尾山に登った。

 とはいっても、たかだか599メートルの山である。南北アルプスと比べれば、赤児のような山だ。「登った」というより「歩いた」と言うべきだろう。

 本来であれば、この時期は締め切りに追われているはずだ。しかし、今回は最初からハイペースで飛ばしてきたので、ここにきて余裕がでてきた。よって、思い立ち、高尾山に向かったわけである。

 新宿から高尾山口まではわずか55分程度。そこから、ゆっくり歩いて頂上まで1時間30分程度。この手軽さがいい。これなら、パッと思い立って、そのまま出かけることもできる。

 山の頂上付近からは、埼玉から横浜まで一望にできた。その関東平野に、どれほど多くの人が住んで、それぞれに生活を営んでいることだろう。そんなことを思いながら、流れる雲を眺めた。

 思えば、今年は大きな変化が続いている。74歳までのローンを組み、新宿御苑前に住居を得た。それにともない、住み慣れた宇都宮から都内に住居を移した(まだ宇都宮に自宅はあるが)。初めてアフリカの大地に立ち、私塾(多樂塾)を開講した。『Japanist』の編集は原点に戻って一人になり、百田尚樹さんなどお目当ての人に取材し、一冊の本を書いた。そして、先日気がついたのだが、27歳で起業したので、人生の半分を経営者として過ごしたことにもなる。禅の世界に惹かれるなど、興味の対象もぐ〜んと幅が広がった。

 ひとつひとつ思い浮かべると、まさしく「行雲流水」だなあと思えた。

 これからどんな人生が待ち受けているのだろう。自分のことなのに、興味は尽きない。

(131001 第456回 写真上は、高尾山からの風景)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ