多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 帰ってきた夕映え

帰ってきた夕映え

2013.07.04

帰ってきた夕映え 「おかえり! 夕映え」

 3ヶ月ぶりに会う夕映えは、かなりスッキリしていた。

 例えていえば、見ているだけでこっちが酸欠になりそうな、あるいは蒸し暑くなりそうな太った人がいきなりスリムになったかのような……。

 何の話?

 ごめんごめん、ケヤキの盆栽の話であった。

 土が固くなり、苔も枯れてしまったので土の入れ替えをしてもらうため、森前誠二氏(『Japanist』第16号で紹介した盆栽作家)に預けていたのだ。

 「土の入れ替えはひな祭りの頃がいいですよ」と言われていたので、3月になってから、銀座にある「雨竹庵」に持って行ったのである。

 例年であれば、4月上旬、初めて緑の葉が出てきた時の感動を味わうはずであった。今回は仕方ないとあきらめ、若葉の季節を迎えた。それでもいっこうに連絡がない。

 もしや、重篤な状態になっているのではあるまいな。そう危惧しつつ、森前さんに訊くと、達者でいるとの返事。

 その後、ようやく6月下旬、私のもとに帰ってきてくれたのだ。

 

 植物とは不思議なものだ。すでに30歳を超していながらこんなに小さな木もいれば、新宿御苑のスズカケの木のように、胴回り数メートルもあって、さながら巨大な岩石のような風体の木もある。だが、大きくても小さくても、一定の年齢を重ねると妙な存在感を醸し出す。人間もそうだが、若いヤツにはけっしてないオーラが漂うのだ。

 

 盆栽は手間がかかる。観葉植物は2〜3日、水をあげなくても大丈夫だが(むしろ、あげ過ぎは根腐れの原因になる)、盆栽は毎日外に出し、水をあげなければいけない。夏になれば朝夕の2回、水やりが必要だ。

 だからこそなのか、面倒を見ているうちに愛着が湧く。いきおい、名前をつけ、心のなかでペラペラと語りかける。聞く耳をもっているかどうかは知らないが、なにかしらは伝わっているような気がする。

 「八風吹不動」(はっぷうふけどもどうぜず)。称賛されても批判されても、順境のときも逆境のときも、不動心を保つことが大切という意味の禅語だ。

 なるほどなあと思う。他人が褒めてくれるのを額面通りに受け取るのは野暮、批判を額面通りに受け取るのはもっと野暮ということか。

 「人はふつう褒められるためにしか褒めない」

 これは稀代のマキャヴェリスト、ロシュフコーの言葉だが、他人の言辞に惑わされない不動心を養うのは、案外難しいものだ。

 心を澄まし、夕映えの「人となり」を見ていると、その禅語の意味がおぼろげにわかってくる(という気がする)。

 まだまだ私は修業の身である。

 (130704 第436回 写真は、ケヤキの盆栽「夕映え」)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ