多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 新しい日本をつくる選択

新しい日本をつくる選択

2012.12.16

 今日12月16日、衆院総選挙の投開票が行われる。大勢が判明するのは明日の未明頃か。

 今回の選挙が、これからの日本の方向を決定づける重要な選挙であることは論を待たないだろう。国内外に山積する課題に対してどう対処するのか。すべてパーフェクトな答えなどあるはずもないが、少なくとも理想の答えに少しでも近づけようとしなければいけないのは当然のこと。今までは政治家も国民も重要課題を先送りし、目先のバラマキ配分にしか関心がいかなかったが、今回はそうもいくまい。

 来年の干支は癸巳(みずのと・み)。「癸」は基準やものさしなど、「はかる」という意味がある。これからの日本を「はかる」大事な節目にあるという意味でもドンピシャだ。

 くわえて、見晴らしのいい状態も表しているという。たしかに、今までこの国を(あるいはこの世界を)蝕んでいたさまざまな要因が露呈されている。原子力エネルギーもそのひとつだろう。

 一方、「巳」は、冬眠から目覚めた蛇が這い出している状態を表した文字で、新しい時代の到来を予感させる。

 いずれにしても、小手先ではなく、根本からの変革が要求されるということ。もう、「手当をいくら出します」「ただちに原発ゼロにします」「消費税を上げないで、行財政改革だけで財源を捻出します」「第9条があれば平和を守れます」などといった根拠のない、票取りのための無責任なアピールが功を奏すとも思えない。そんなに日本人はバカじゃないだろう。

 

 そういう時代の変わり目にありながら、相変わらずひどい政治家もいたものだと呆れ果てた。投票日前日の15日、長崎では街頭であいさつに立った前議員の娘が土下座して投票を呼びかけたという。また、福岡では前議員が演説の最後に頭を下げ、涙混じりに「助けてください」と訴えたという。

 恥を知れ!、と言いたい。浮浪者が「助けてほしい」と土下座するのならまだしも、これから日本の将来を担わんとする候補者が国民に「助けてほしい」」とはいったいなにごとか。それほど己がかわいいのか。どうして自分のすべてをなげうって民のために尽くしたいと言えないのか。

 本来、お願いするのは有権者の方である。有権者ができないから、信託を受けた人が国政を担うのである。そういう候補者ばかりとは言わないが、総じて「情に訴える」演説ばかり。見識のあるスピーチを聞くことは、ごくごく稀だ。

 私が重要視する政策は一点のみ。憲法改正だ。まず、この国の背骨を替えて、国民が背筋を伸ばして生きていけるようにしてほしい。現在は、「国民総オタメゴカシ」状態だ。日本の周囲は脅威だらけなのに、日本の憲法が諸外国にも適用されるはずだと幻想を抱いている。自衛隊は明らかに世界でも有数の戦力を保持しているのに、軍隊ではないという。同盟国アメリカは日本を守る義務はあるがアメリカが攻撃されても日本は助けることができない、つまり集団的自衛権は保有するが行使はできないという、まったくわけのわからない理屈をのたまう。国民の生命と財産を守る気がない国は、はたしてまともな国と言えるのか。そこに生まれ、育った国民は、はたして背筋を伸ばして生きていくことができるのか。

 私が望む結果は、自民・維新・みんなで320議席以上を取り、第96条の憲法改正発議要件のハードルを下げること。公明は政権からはずれてほしい。さらに、共産・社民といった時代錯誤の党は5議席を割り、政党要件を満たさない党になってほしい。

 それが、今回の選挙の願いです。

(121216 第387回 写真は新宿御苑のお母さんスズカケ。日本のすべてのスズカケは、このお母さんから生まれた。このお母さんに願をかけます)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ