多樂スパイス

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

退却する勇気

2007.08.13

 昨年、なにも知らないでノコノコついていって槍ヶ岳に登ってしまったことは『fooga』ですでに書いた通りだ。

 あのとき、日常の生活ではけっして味わえない肉体の辛さと引き替えに凄いものを見てしまった。頂上から見る北アルプス連峰は、まさに神々の棲む別世界だった。どうして多くの登山家が身の危険をかえりみず山に登るのか、わかったような気がした。

 あの感動が忘れられなくて、今年も挑戦した。今回は北穂高岳。槍ヶ岳よりちょっと低いが、それでも3000メートルを超える急峰だ。

 しかし、結論から先に書けば(じゃないといつもの癖で長い文章になってしまうので)、今年は急峻な頂を下から眺めただけで登頂は叶わなかった。登頂予定当日の朝、台風の影響で、雨とガスに見舞われていたのだ。

 最初の宿泊地・涸沢ヒュッテまでの道のりは楽ではなかった。歩き始めて早々に右足踵にマメができ、一歩歩く毎に痛みが増した。そうなったらテープを貼ろうがあまり効果はない。雪渓を歩くのも難渋した。滑りやすい上、体重のおきどころがわからなくて気がついたら体力を消耗している、というイヤらしい虐められ方なのだ。スキーをやっている人はもう少し雪の処し方がわかるのかもしれないが、スキー歴1回という私にとって雪はかなり厄介なシロモノだ。

 それでも歩き始めて7時間半後、目指す涸沢ヒュッテに到着した。あの瞬間の開放感は、それまでに蓄積した疲れを知らずには理解できるはずもない。

 さらにデッキで飲むビールの旨さといったら! 周りは奥穂高岳、北穂高岳、前穂高岳ととてつもない山が取り囲んでいる。

 徐々に気温が下がるのを感じながら、衣を重ねていく。太陽が落ちるときに映し出される自然の変化をどのように形容すればいいのだろう。言葉というのはつくづく無力だなと思い知らされる。

 やはり無理をしなくて良かったと思う。下界に戻り数日経った日の新聞に「北穂高で2人滑落死」という記事が載っていた。いずれもビギナーではなさそうだ。ふだんは優しい山もいちど牙をむいたら容赦はしない。退却する勇気の大切さは、幾多の兵法をひもとくまでもなく古今変わらないのである。

 また、右足踵のマメは直径4センチ以上に膨れ上がり、破裂したところからばい菌が入ってしまったみたいで、帰路猛烈に痛み始めた。帰宅して後、針でむりやり皮膚を剥がし、そこに消毒液をジャブジャブ流し込んだ。化膿したらエライ目に遭うことは明白だから。タッチの差で化膿を免れたが、踵に日の丸をつけて歩くような状態になってしまった。

(070813 第2回 写真は、涸沢山荘と北穂高岳)

 

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ