多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 14回目の『Japanist』

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

14回目の『Japanist』

2012.07.30

 『Japanist』No.14が発行された。どんな事態になるのかまったく予測ができなかった2009年4月の創刊から早3年強。14回も号を重ねると、かなりペース配分がつかめるようになってくる。と同時に、仕上がりも予想できるので、仕上がったときの感動も薄れてくる。仕上がった頃は、すでに次号の構想に意識のほとんどが向いているので、過去を振り返る気持ちになれないというか、編集者の哀しい性である。実際、今週から取材ラッシュに突入するので、心は次号へ向いている。

 とはいえ、最新号という「過去」の成果は、周りの反応からうかがうことができる。例えば、今回ご紹介した岡山県総社市の片岡聡一市長の記事を読み、ゴミ袋の変動相場制、市内均一300円タクシー、農産物の全量買い取り制、障がい者雇用施策などを見学したいという地方議会議員から連絡をいただいたり、「江戸切子がどういうものかわかった。今度、自分も使ってみたい」とか「あらためて塚越寛(伊那食品工業会長)さんの経営哲学を総体的に理解することができた」とか、「I Love 安藤久蔵さん♥ とか、いくつもの反響があり、そのたび、「媒体」の役割とはこういうものなのだなあと実感するのである。

 特に、安藤さんの生き方には度肝を抜かれた方も多いだろう。通常、100歳を越えたお年寄りは、社会が保護すべき存在という見方をするが、安藤さんは85歳で起業した後、101歳の今も現役バリバリ。30年間病気ひとつせず、仲間を連れて富士山に登り、毎日3時間以上もウォーキングした後、愉快に仕事をし、今でも相応の納税をしている。なるほど、人は自分なりの人生哲学をもち、きちんと自己管理をすれば、こんな風に生きられるのだなということを身をもって教えてくれた。あっぱれな方である。

 はっきりいって、今世間に流布している「後期高齢者像?」は、根本から間違っている。後期高齢者ほど人生経験が豊かで(当たり前だが)、その分、人生の楽しみ方を知っているはずだ。もっともっと社会において活躍してもらい、あとに続く若い世代の指南役になってもらわなければならない。「お年寄り」などといって、骨董品を扱うような接し方は良くないと思う。

 さて、次号から “世界のエアロコンセプト” 菅野敬一氏のインタビュー記事を連載する。 「ブランディング」「経営の常識」「金融」「技術の生かし方」「感性の磨き方」など、テーマを絞り、正面からズドンと突撃する魂胆である。それでもって、ちょいと江戸便で素敵なメッセージを語っていただこうという寸法だ。乞うご期待。

 それから、『Japanist』のオンラインショッピングサイトが開設され、クレジットカードやコンビニ支払いも可能になりました。フーガブックや神楽サロン出版の書籍も扱っています。

http://japanist.shop-pro.jp/

(120730, 第357回)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ