多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > バルザック的外交思考

バルザック的外交思考

2012.07.22

 今、バルザックの『娼婦の栄光と悲惨』を読んでいる。相変わらず長い。細かい文字組で870ページ。悪辣な人間が「これでもか」と悪行の限りを尽くす。まさに、バルザック節炸裂である。

 美しい元娼婦エステルに一目惚れしたユダヤ人の強欲な銀行家ニュシンゲンから大金を巻き上げようと、さまざまな人間が集まってくる。男も女も、さらにはエステルの恋人まで。つまり、「恋に目がくらむ」という事態は、肉食獣の前で腹部をさらすようなもの。周りにいる強欲な人間にとって、金満家から金をまきあげるにこれほど絶好のチャンスはない。

 近隣外交も同じような関係でなりたっている。利害が敵対する近隣諸国との外交において、相手にダメージに与え、自国の利益とするには、相手国の弱みにつけこむこと。安保共闘も靖国参拝も、そのような図式で外国につけいるスキを与えてしまった。その結果、損なわれた国益は甚大である。

 長い歴史において、「食うか食われるか」の連続だったヨーロッパでは、そういった状況に対応するべく思考法が確立されていた。その代表的なものが、マキャヴェリの『君主論』である。カルロス・ゴーンの日産再建策は、ほぼマキャヴェリズムにのっとっているが、ビジネスがグローバル化した現在、そういう思考法を知らないでは済まされないだろう。私は『論語』『老子』『マキャヴェリズム』を少しずつ学んでいるが、なるほど人間というのは多面的・立体的なのだとあらためて痛感するばかりである。

 ところで、『娼婦の栄光と悲惨』のなかに、ラ・コンシェルジュリーの描写がたくさん出ており、数年前に訪れたことを思い出した。シテ島にあるその建物は、かつて最高裁判所として使われていた。フランス革命時には牢獄として使用され、4000人以上の囚人が収容されていたというから驚きである。かのマリー・アントワネットも幽閉されており、今でもその場所を見ることができる。

 当時、コンコルド広場でのギロチンによる処刑で、広場が一面血の海になったと言われているが、フランスのみならず、ヨーロッパの歴史は相当に血なまぐさい。お隣・中国もそういう歴史を歩んでいるということを鑑みれば、「友好外交」ではまったく太刀打ちできないということがわかる。

 日本の外交官にはぜひともバルザックを読んでほしいという理由は、そこにある。

(120722 第355回 写真は、パリにあるラ・コンシェルジュリーの内部)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ