多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 天才歌い手と脱原発集会

天才歌い手と脱原発集会

2012.07.18

 つくづく私は雑食だと思う。食べ物の好き嫌いはまったくないし、音楽や読書についてもまさに雑食。

 今回は音楽の話である。久しぶりに、血湧き肉躍るアーティストに出会った。フランス人のZAZ。32歳。本国ではエディット・ピアフの再来と言われているらしい。

 タワーレコードでなにげなく手に取り、試聴した瞬間、ピアフばりの荒削りな歌が五臓六腑に突き刺さってきた。生命力に満ちあふれた人間の声の力はこういうものかとあらためて思い知らされた。パソコンに打ち込んで作る無機質な曲とは正反対にある。

 ハスキーな声と独特の歌い回し。ジャズもレゲエもシャンソンもクタクタに混ぜ、そのうえで余分なものをギリギリまでそぎ落としたプリミティブな音作りに興奮の連続だ。

 歯切れの良いアコースティックギターのストロークを骨格に、ハーモニカ、ヴァイオリン、電子ピアノなどが要所でからみつく。それらと絶妙に調和しながら、ZAZの歌声は一度聴いたら耳の奥底に貼り付いてしまうほど個性的だ。

 この人は神から選ばれし天才だと思う。その声を通して、“サムシンググレート”の思いを地上の人間たちに伝える役割を担っているという存在。こんな才能に出会うことは、なかなかない。

 世の中にはクラシックしか聴かず、その他のジャンルをバカにしている人がいる。そういう人を見ると、「もったいないなあ」と思う。一方、大衆音楽が好きで、クラシックを退屈な音楽と決め込み、毛嫌いしている人はもっと多い。それも「もったいないなあ」と思う。

 私はクラシックもジャズもロックもポップスもワールドミュージックも好きだ。選択の基準は、自分にとって「いいか悪いか」だけ。

 ZAZが出てきた背景には、フランスの豊穣なミュージックシーンがあることはたしかだ。私が物心ついた頃、フランスやドイツや日本の現代音楽はまったく冴えなかった。

 しかし、90年代以降、ジャズの中心がパリへ移行し、そこにセネガルやマリなどから発生したアフリカ音楽も加わり、フランスの音楽シーンは一気に深みが増した。やっぱり、ハイブリッドは強い。ZAZはハイブリッド(混血)の申し子でもある。

http://www.amazon.co.jp/Zaz/dp/B003OFVIXG/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1342578245&sr=8-1

 

 ところで、話題はいきなり変わって、16日(月)に代々木公園で開かれた脱原発集会のことに及ぶ。その集会のことはまったく知らなかったが、翌日の朝刊で知った。

 記事を読むと、75000人(主催者発表は17万人)が集まったという。その集会で、大江健三郎や坂本龍一らがスピーチをしたとあるが、「なるほどなあ」と合点がいった。安保闘争の頃の小田実や本多勝一のような役回りなのだろう。

 なぜ、私が大江健三郎を虫酸が走るほど嫌いかといえば、その厚顔な欺瞞ぶりにある。彼は日本の近代史を否定してきた「反日」の親分みたいな人だ。日本と外国が対立すれば常に外国に与し、日本を貶めてきた。日教組よりもたちの悪い人間だと私は思っている。もしかすると、今でも共産主義革命にかぶれているかもしれない。そういう人が担ぎ出される集会は、どうも何かが臭う。安保闘争の背後にソ連共産党があったように。

 坂本龍一の名は、イエローマジックオーケストラ(YMO)という無機質な音楽で知った。ある時期から左翼活動家顔負けの言動が顕著になってきた。基本的なスタンスは、いつもオブザーバーであり、権威にだけはたてつくというもの。元来アタマがいいので美辞麗句は弄するが、批判することに意義を見いだしているだけで、具体的な代替案や建設的な提言にはとんと無頓着。集会では「たかが電気のために……」と言ったそうだが、彼は「たかが電気」がなくてはやっていけない音楽業界に身を置き、文化的な暮らしをしている。おそらく、当日は「たかが電気」を使った電車か「たかがガソリン」を使った自動車で会場まで移動したのだろう。そういうのを欺瞞、偽善と言わずしてなんというのだろう。

 「そうか、おまえは原発賛成なんだな」とムキになる人もいるにちがいない。

 バカ言っちゃいけない。原発がいいはずがなかろう。まして、東電などは、168の子会社と97の関連会社でガッチリ既得権益を固めている、とんでもない組織だ。そういった既得権益の塊とも言える組織の解体をはじめ、原発に依存しない社会を作る設計図は早急に作らなければいけないと思う。ただし、ものごとには順序がある。

 原発ゼロと主張する人たちは、代替エネルギーをどう考えているのだろうか。今のように年間4兆円もかけて原油や液化天然ガスを輸入し、べらぼうな二酸化炭素を排出しながら賄えばいいと思っているのだろうか。そもそも、いつまでも原油を輸入できると考えているのだろうか。

 現在、日本への原油の供与国として1位のサウジアラビア(総輸入量の3割)は、あと16年くらいで石油生産量と自国の消費量が同じになる。そのため、現在、数十基もの原発を計画しているが、それだけをとっても、日本が安定的に原油を輸入し続ける国際環境ではなくなりつつあるということがわかる。そういうことをほんのわずかでも知れば、原発反対デモと代替エネルギー提案はセットでしなければいけないことは自明の理だろう。

 あるいは、停電になった場合、自家発電装置のない病院でどれくらいの入院患者が死ぬことになるかとか、隣国・中国の沿海で原発事故が発生した場合、日本人技術者がいなかったらどう対応するのかとか、電力を求めて企業が海外に移転した結果、どれくらいの雇用が減るのかなど、きちんと考えているのだろうか。「そういうことは政治家の役割だ」と答えたとしたら、それこそ詭弁だ。今まで政治に無関心で、その結果、電力会社の横暴、原発推進を許してきたのは、まぎれもなく我々日本国民なのだから。

 例えば、だが、こういう案はどうだろう。

 国民一人当たり10万円を拠出し、自然エネルギーファンドを作る。総額で12兆6000億円くらい集まるので、それを基に、国家的プロジェクトとして自然エネルギーの開発を大胆に進める(12兆円では足りないかも)。優秀な技術者を集め、通常20年かかるものであれば10年くらいで開発し、その技術を海外にも輸出する。それで得た利益の一部を国民に配当という形で還元する……。

 これはただの思いつきなので、さまざまな問題があると思うが、要するに、「自分の生活は変えません。お金は出しません。政府のやっていることは批判します」というスタンスでは何も変わらないということ。

 せっかくの集会を「憂さ晴らし」ではなく、意義あるものにするためには、一人ひとりのアイデアと覚悟が求められるのではないかな。

(120718 第354回 写真は、ZAZのCDと波動スピーカー)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ