多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 世の常識は私の非常識

世の常識は私の非常識

2012.05.03

 今まで何人の素晴らしい人に取材しただろう? 『fooga』の頃から数えれば、3ケタはいくだろう。すべて自分の基準で選び、丹念に取材をしてきた。ところが、ここへきて、私自身が取材されるという事態になっていて、少し戸惑っている。

 なぜなら、私はただただ気の赴くまま生きてきただけだから。自己流の塊のような人間である。世間が「これが常識だ!」「これが正しいのだ!」と言っても、「へ〜ぇ、そうかなあ。僕はそう思わないけどなあ」ということが多かったし、25年続けてきた会社経営についてもとことん自己流であった。世の経営学をベースにすれば、ある部分は重なっているにしても、かなりの部分ではみ出ているか寸足らずだろう。それなのにそれなのに、不思議なもんである。

 よく言われる。いったいこのご時世、どういう手法を使って『Japanist』のようなハイクオリティの雑誌を発行することができるのか? あなたは資産家なのか? あるいは資産家がバックにいるのか? 等々。

 まあ、そう思うのも無理はない。世間の常識で考えれば、かなり「ありえない」ことをやっているのだから。

 でも、私は資産家であるはずがないし、資産家がバックにいるわけでもない。昨年、志が同じということで、神楽サロンの奥山氏らと業務提携をしたが、それまでは常に孤軍だった。業界団体にも属さず、なんらかの徒党を組むこともなかった。50歳にして初めて、人生の師・田口佳史先生と出会ったが、それまでは師と呼べる人もいなかった。そういう人間が、なぜ『Japanist』を発行できるのかといえば、「世の中の常識とはずれたところで生きてきたから」としか言いようがない。

 今回、私が掲載されたのは、ある会社のネット記事。自分で言うのもナンだが、よくまとまっている。動画はちょっと気恥ずかしいけど……。第一、自分が動いている。動いている自分を見慣れていないので、気持ち悪い(笑)。

http://www.svenson.co.jp/25/interview12_1.html

 戦前から続く『先見経済』4月号にも3ページにわたって掲載された。こちらは、記事を読むことはできないが、主旨は上のネット記事とほぼ同じである。

http://www.seiwakai.com/senkenback/20120401.html

 いずれにしても、私ごときに関心を抱いていただき、ありがたい限りである。自分がどうのというより、『Japanist』の流れが世の中に広がっていくことを望んでいるので。

 日本人の底力を信じている。

(120503 第337回 写真はインタビュー風景。場所は神楽サロン)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ