多樂スパイス

ADVERTISING

ココロバエ
美し人

12度目の産声

2012.04.24

 本日、『Japanist』第13号が仕上がった。

 今回は唯一の編集スタッフの急死にくわえ、いくつかの取材日程がなかなか決まらず、最後の追い込みの段階でドバドバドバーッっとしわ寄せがきた。おかげで肩や首はコンクリートのように(オーバーかな?)固まり、もはや首が回らない状態に。

 そういえば、私は長い間、多額の借金を背負っていて、ずっと首が回らなかった。その反動なのか、今では極力借金はしたくないと思っている。結局、借金を背負うということは、自由の一部を犠牲にするということだから。

 話が脱線してしまった。

 ところで、最近、「こういう雑誌って、全国見渡しても他にないですよね」と言われることがしばしばある。

 素直に嬉しいと思う。“他にない” 、つまり“オンリー・ワン” の存在になることを目指しているので、そういうコメントは大きな勇気を与えてくれる。

 なぜ、他にない類の雑誌だと思われているのだろう。勝手に推測すると、以下のようになった。

●商業臭があまりない(広告がほとんどない)

●政治から芸術まで、違和感なく収まっている

●文章は客観性より書き手の主観が色濃く出ている

●誌面(スペース)を贅沢に使っている

●発行会社が地方にある

 

 他にもあるにちがいない。でも、これだけあればじゅうぶんだ。

 

 私は教条主義的なものはつくりたくない。もちろん、下世話なものもゴメンだ。自己啓発セミナー的なものにもしたくない。自分を向上させようという気持ちはけっして悪いものではないが、というより、むしろ称賛に値する行為なのだが、得たいものを最短距離でゲットしようという心持ちが好きではない。

 そうではなく、本質的・根源的なものを目指したい。自分という人間のあり方もそうだし、自分の仕事もそうだし、死ぬまでのプロセス(生き方)もそうでありたいと思っている。

 一見、答えは同じようでも、自己啓発セミナーなどで得たものと、自分で考えた本質的アプローチで得たものとでは、何かが決定的に異なると思う。

 だから、『Japanist』は、とことん本質的アプローチに徹したいのである。

 詳細は、コチラを。

https://www.compass-point.jp/japanist.shtml

 また、代官山蔦谷書店のみで取り扱っています。

http://tsite.jp/daikanyama/

(120424 第335回 写真は『Japanist』第13号の表紙)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ