多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 「はい、それまで」にならないために

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

「はい、それまで」にならないために

2012.01.04

 日本文学者のドナルド・キーン氏(89歳)は、先の東日本大震災の後、残りの生涯を日本人としておくりたいとして日本人に帰化された。多くの外国人が放射能を怖れて日本を去っていくなかで、このことは私たち日本人に大きな勇気を与えてくれた。

 キーン氏はもともと太平洋戦争当時、米軍の情報将校だった。敵である日本の行動パターンを読むには、日本の専門家が必要だ。そのため、日本に詳しい人物を集めてチームをつくっていたのだが、彼はその一員だったのである。ちなみに、当時の日本はアメリカと逆のことをやっていた。「敵国」である英語も禁止し、米英通は肩身の狭い思いをせざるをえなかったという。こういう狭量な精神性は日本人の欠陥だと思っているが、そのことはとりあえず棚に上げておいて……。

 日本が負け、多くの人材を失い、国土が焦土となったことによって、当時の情報将校は方向転換をした。なぜなら、これほどコテンパンにやっつけられた日本が復活することはないと思ったからだ。世界の中で力のない国の専門家になっても将来はない。だから、多くの同僚たちは他の国の専門家(例えば、中国)への方向転換をしたそうだ。

 しかし、キーン氏だけはちがっていた。なぜなら、日本は必ず復活すると思っていたというのだ。

 その理由は?

 以前に見た、京都や奈良の寺社や仏像、庭園などを見て、「こんなに素晴らしいものを作れる民族が滅びるはずがない」と確信していたという。そして、事実、その通りになり、日本は停滞しているとはいえ、今でも世界有数の重要な国であり続けている。

 同じように、第二次世界大戦中、ドイツに侵略され降伏したフランスに対し、ウィンストン・チャーチルは、「350種類ものチーズを食卓に並べる国が滅びるはずはない」と言ったという。もっとも、これにはもっと面白い逸話があり、ドゴール将軍は、「350種類ものチーズを産する国を治めるのは難しい」とも語っている。

 なにはともあれ、あるモノを介して民族の力を見ることはできるということだ。

 

 昨年来のユーロ危機が飛び火して、イタリアが危ない。国債の利率は年7%前後をウロウロしている。まさしく危険水域だ。あの楽天的な国民がそのような数字を見て、行動を変えるかどうかはなはだ怪しいが、最終的にはキーン氏やチャーチルの理論を信じたい。

 イタリア人の美意識をリスペクトしている私としてはそう信じたいのである。

 

 ・・・・などとよその国のことを心配している場合ではない。日本国債の金利が少しでも上がったら、「はい、それまで」だろう。

(120104 第308回 写真はイタリア・ミラノのドゥオモ)

 

 

 

 

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ