多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 柳生博さんの素敵な雑木林

柳生博さんの素敵な雑木林

2011.08.23

 「13歳になったら、毛布と歯ブラシを持って一ヶ月の旅に出よ」

 俳優の柳生博さんは13歳になった夏、祖父からそう言われ、家を出た。それが柳生家のしきたりだったのだ。

 当時、柳生さんは茨城県霞ヶ浦に住んでいた。周りはどこを見渡しても平野ばかり。いちばん高い山でも筑波山(880メートル)しかない。だから、ずっと高い山に憧れていたという。

 旅に出た柳生さんが向かったのは、高い山々が連なる八ヶ岳。当時13歳の柳生少年はそのとき、得難い体験を山のようにしたであろう。そのときの記憶が後に甦り、俳優業がピークに達して,自分を見失いかけた頃、「完全に人間としてのバランスを失っている。このままじゃダメになってしまう」という自分の心の奥からの声に従って八ヶ岳に土地を求め、地元の人たちの力を借りながら雑木林の手入れを始めた。毎日のように木を植え、枝をはらった。林はみるみる生気を取り戻してきた。

 やがて若い者も集まってきた。そこで働かせてくださいと。

 そのようにしてつくった雑木林に、自然発生的にカフェとギャラリーが誕生した。それが「八ヶ岳倶楽部」である。

 北岳から下山した翌日、八ヶ岳倶楽部を訪れた。じつは、13年前にそこを訪れ、偶然柳生さんと話をする機会を得たことがある。その時、少年時代の話を聞いたのだった。

 

 お昼少し前にもかかわらず、すでに遠来の客でいっぱいだった。少し雨に濡れた後もあり、雑木林の緑はじつに鮮やかだった。生き物が燦然と発する色になっていた。

 テラス席のカウンターを希望し、案内してもらう。30センチほどの幅の板を塀にめぐらせただけの簡素な作りだったが、その席から見る光景は他に例がないほどだった(右上写真)。

 深呼吸をすると、美味しい空気が肺のなかに充填される。筋肉痛でロボット歩きしかできない状態だったが、食後、林の中を散歩した。きちんと木道が敷かれ、人を林の中に誘っている。林のなかは驚くほど手入れがなされていた。かといって、不自然ではない。まさに神人合作だった。

 その後、ショップで柳生さんの本を求めると、「今日はパパさんがいらっしゃるのでサインをさせていただきます」と言う。スタッフたちは柳生さんを「パパさん」と呼び、柳生さんの奥さんである加津子さんを「ママさん」と呼ぶ。

 柳生さんにサインをしてもらう時、13年前にここで少年時代の話を聞いたと伝えた。すると、笑い皺の顔をさらにほころばせて、今は13歳になった孫が島根を旅している最中だという。ただ、女の子なので一ヶ月ではなく一週間だということだが。

 物騒な世の中にもかかわらず、柳生家のしきたりはきちんと生きていたのだ。

 来年は八ヶ岳に登る予定だが、下山したらまた八ヶ岳倶楽部を訪れるつもりである。

(110823 第275回 写真は八ヶ岳倶楽部のテラス席から見た雑木林の風景)

 

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ